ランディングページ

そもそもランディングページとは?

ホームページを運営していると、よく「ランディングページを作る」や「LPのアクセスを調べる」など耳にすることもあるかと思います。本来、ランディングページ(Landeing Page)とは、Webサイトの検索結果やウェブ広告などを経由したユーザーが最初にアクセスするページのこと、頭文字をとってLP(エルピー)と呼ばれます。

ただし、Webマーケティングを行う中でランディングページと呼ばれるものは、ページに訪問してきたユーザーに何らかのアクションを起こさせるための、縦長のレイアウトページのことをさします。リスティング広告をはじめとしたさまざまな広告や他のリンク先からの遷移先となります。

ランディングページの役割

ランディングページの役割は、運営しているサイトの内容によって変わりますが、多くの場合は提供サービスや商品の購入、会員登録やメルマガ登録、資料請求やフォームからのお問い合わせなどです。他にも、人材の獲得を目的として求人募集の申し込みページを制作することもあります。

ランディングページを有効に活用することで、見込み客を発掘したり、サービスの認知度を向上させて売り上げアップをはかるなど高い効果につなげることができます。

ランディングページ制作のメリット

ランディングページを制作するメリットとして、ターゲットユーザーへの最適化・ページ遷移しなくてよい・制作費が抑えられる、といったことがあげられます。

サイト内にある1ページとは違い、単体で制作することができるため、ターゲットユーザーに合わせた自由な設計やデザインを行うことができます。他のページに回遊させる必要がないため、目的とする行動(アクション)を絞り込むことができます。

既存サイトのリニューアルを検討している段階で、先に出したい採用情報やキャンペーン内容などをランディングページとして先行して発信することもできます。

webでお困りのことは
ランガレウェブにお任せください。

お問い合わせ