採用サイト

採用サイト制作で失敗しないために

採用サイトは人材獲得のために求職者との関係をつなぐ役割を持っています。コーポレートサイト内でコンテンツとしてリクルートページを持つこともありますが、ここでは採用を目的とした特設サイトの役割について説明していきます。

せっかく費用をかけて採用サイトを作っても、例年に比してお問い合わせ数が延びなかったり、期待したような人材が集まらなかったりと失敗してしまうケースも多くあります。原因としては、掲載している内容が求職者の目線ではなく企業目線で書かれてしまっていたり、デザインやコンテンツの演出にこだわった一方で、情報量が少なくなったり内容が薄くなってしまった、などがあげられます。

採用サイトは毎年リニューアルしたり、数年ごとの大規模リニューアルを前提にその年の傾向でカスタマイズしたり、企業によって運用はさまざまです。基本的な設計と毎年のトレンドをつかんだサイト制作が重要となるでしょう。

こんな採用サイトになっていたら要注意

これは採用サイト以外でも注意しなければいけませんが、プロジェクトに関わるメンバーのいろんな意見を取り入れすぎて内容がまとまっていないことがあります。近年の人材不足もあり、多くの企業では優秀な人材確保のために採用には大変力を入れています。想いの強さゆえに、盛り込みたい内容を全て入れてしまい、結果何を伝えたいのか不明瞭なサイトになってしまうのです。

また、どこにでも書いてあるようなメッセージの掲載や、写真やイラストについて安易にフリー素材を使うことも避けましょう。求職者が実際に入社した後の雰囲気やキャリアプランを描けるように、よりリアルな現場の様子を伝えることが重要です。

魅力のある採用サイトを目指す

自社の魅力をしっかりと伝え、競合他社との差別化をはかるためにも、曖昧な表現や具体性のないメッセージの使用は行わないようにしましょう。何よりもコンテンツを充実させることが重要です。企業メッセージを明確にし、今現在働いている社員の声や現場の様子を写真や動画で伝えることは有効な手段です。

SNSなど若い世代に人気のサービスを積極的に利用して、サイトへの流入経路を増やすのもよいでしょう。ただし、スマートフォンやタブレット端末で閲覧することを考慮して、通信データが重くならないようにするなどユーザー目線の制作を心がけましょう。

ランガレウェブにお任せください。

お問い合わせ