介護福祉サイト

福祉関連サイト制作で留意すること

少子高齢社会の現代日本において、保育事業や介護事業など福祉サービスを行う事業所の需要は高まる一方です。
保育事業であれば、だいたい30代以上、介護事業であれば50代以上の訪問者を想定したサイト構成やデザインの工夫が必要です。

また基本的なことですが、サービスを利用する側の視点にたった安心感や信頼を感じられるコンテンツ作成も非常に重要となります。

福祉関連サイト制作のポイント

保育事業の場合は、訪問者のほとんどは子どもの両親です。
大切な子どもを安心して任せられるかどうか、スタッフ紹介や設備案内のほか、緊急時の対応なども明確に記載しておきましょう。デザインは女性に親しまれやすいテイストが好まれます。パステルカラーを使った優しい配色やポップで可愛らしい元気な印象づくりなど、工夫してみましょう。

介護事業の場合は、訪問者の年齢層が高くなる傾向にあります。
40~50代の訪問者をメインターゲットとして、それ以上の年代でも見やすく分かりやすい設計が必要です。清潔感や信頼・安全性を感じられるデザインを心がけましょう。掲載する情報は分かりやすく簡潔に、文字の大きさを変えられるなど年配者へも配慮しましょう。文章だけで伝わり難いと思われる箇所はイラストや図解で説明するようにしましょう。

ランガレウェブにお任せください。

お問い合わせ