クリエイティブスタッフ紹介

ウェブディレクター

ウェブディレクターの役割は、制作物の企画・設計・デザイン・コーディングなど全ての工程において、現場を管理し適切な指揮をとりながらプロジェクトの完成まで監督することにあります。

制作物の品質全般に責任を持つという点で、非常に重要な役割を担っています。

お客様とのお打合せや制作に携わるデザイナーやコーダーなどの専任スタッフへの指示など、高いコミュニケーション能力と制作に関する幅広い知識と経験が求められます。

ウェブデザイナー

サイトの基本的な構成をもとにサイト全体のイメージやキービジュアルの作成を行うのがデザイナーの役割になります。

デザインというと単に見た目の色や装飾などにこだわりがちですが、使いやすい構成や見やすさなど、それぞれのサイトの目的に沿った制作を行うことが重要です。

特に近年はパソコンだけではなく、タブレットやスマートフォンなど画面サイズが異なる端末での閲覧を想定した「レスポンシブデザイン」が必須となっており、それぞれの画面で使いやすく見やすいデザイン力が求められます。

フロントエンドエンジニア

制作会社によって多少の違いがありますが、フロントエンドエンジニアとはデザインをもとにユーザーと直接データのやり取りを行う部分の構築を行います。

HTMLやCSSのほかJavaScriptなどWebサイトの表示に必要な設定を行い、WordPressに代表されるCMS(コンテンツマネジメントシステム)の構築や機能のカスタマイズもフロントエンドエンジニアが担う場合があります。

またサイトの内容によっては、デザインの一部をフロントエンドエンジニアが行うこともあります。デザイナーと同じくさまざまな端末で正常な表示と動作が行われるよう高い技術が必要とされます。

バックエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアがユーザーと直接やりとりする部分の構築を行うのに対し、バックエンドエンジニアはユーザー側に見えないサーバーやデータベースの設計・構築などを担当します。

サイトにどんな機能を持たせるかによって、どういったハードウェアやOS、サーバー機能の展開が必要なのかを選択し、実装していきます。

ウェブ解析士

「解析」と名のつく通り、Webサイトの運用に関わるあらゆる数値を分析し、現状把握や改善提案を行います。

特にWebサイトは制作して完成ではなく、継続的な検証と改善が求められます。認知度向上やお問い合わせの増加など、サイトの目的に合ったゴールまで最短距離で導くのがウェブ解析士の重要な役割となります。

webでお困りのことは
ランガレウェブにお任せください。

お問い合わせ