前任の担当が退職して「困った」を解決

とある中小企業の広告宣伝部に配属された新人の田中さんは、ウェブでの広報活動を強化するために自社ホームページの担当となりました。

ところが、前任の担当者が退職してしまった後、しばらく担当者がいなかったため…

田中さん、ホームページの運用よろしくね。早速だけど、新商品が来月発売されるから新着情報に追加しておいてね。

分かりました。管理画面に入るための情報を教えていただけますか?

実は自分も分からなくて、ここ半年くらい更新できていないんだよね。分かる人を探して聞いてみてくれるかな。

(そんな…分からないことを人に振るなんて…)
だ、誰か分かる人いますかー?

私は知らないわ。ごめんなさい。

僕も分からないな、申し訳ないね。

それなら多分、あのファイルか、あのフォルダか、あのキャビネットのどこかにあるんじゃないかな。

ふう、やっと見つかった…。
でも管理画面に入れたのはいいけど、操作が全然分からない…。操作方法なら先輩も分かるかな?

作業はすべて前任者に任せていたからよく分からないんだ。誰か分かる人を探して聞いてみてくれるかな。

……。

こんなときはランガレウェブにお任せください!

退職などによってWeb担当者がいなくなってしまうと、どうやって更新作業をしていたのか、外部に作業を委託していた場合のやりとりの仕方など、ホームページに関する情報が分からなくなるというトラブルが起こりがちです。

分からないまま放置を続けてしまうと、当然ホームページの更新が止まって訪問者からの印象が悪くなってしまいます。最悪の場合はドメイン費用やサーバー使用料金の支払いが遅れ、ホームページが消えてしまうこともあります。

ランガレウェブではドメインの登録情報などから業者を調査し、再び更新作業をできる状態に復旧させることも可能ですし、そのまま更新作業をご委託いただくことも可能です。

困ったことがございましたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。

ランガレウェブにお任せください。

お問い合わせ