5. 設計と素材準備

ワイヤーフレームの作成

サイトの設計図となる「ワイヤーフレーム」を作成し、掲載するコンテンツはもちろんのこと、グローバルナビゲーションやサイドメニューの設計、サイトトップ・カテゴリトップ・各詳細ページの構成、文章や写真の配置を決めていきます。

その際、必要な情報まで最短距離で到達できること、どこにどんな情報があるのかすぐに分かるように配慮することが大切です。ターゲットにしているユーザーがより快適に利用できる工夫が必要となり、ストレスとなる構成や無駄な動作が入らないようにこころがけます。

このワイヤーフレームを元にデザインやコーディングを進めますが、必ずお客様にご確認いただき、その都度ご要望を検討しながら完成させます。

原稿の作成

サイトに掲載するテキスト情報を準備していただきます。事業の基本情報や掲載する商品情報のほか、企業メッセージや理念などをご用意いただくこともあります。その場合、つい運営者側の視点で伝えたいことばかり詰め込まれた文章になりがちですが、ターゲットユーザーが求める内容やサイトの目的に沿った構成になるように必要に応じてアドバイスさせていただきます。原稿のご用意が難しい場合は、プロのライターに執筆依頼することもできます。

ロゴやイラストの準備

会社ロゴやイメージキャラクターのイラストを使用する場合は、元データが必要になります。
IllustratorやPhotoshopなどの制作専門ツールで作成されていることが多く、名刺や会社案内などで使用されているデータを準備いただきます。

写真撮影や動画制作

もともとお持ちの写真や動画をサイトに掲載することはもちろんですが、新たに撮影を行うことも可能です。

近年はメイングラフィックを大きく配した美しく印象的な画面作りを行っているサイトが多く、事業案内や商品紹介に動画コンテンツを取り入れることも増えてきました。

写真や動画コンテンツの出来栄えはサイト全体のクオリティに影響するため、安易にフリー素材や古い素材を使いまわすことは避けた方がよいでしょう。
どんな写真や動画が必要か不明な場合は、ウェブディレクターをはじめ専門スタッフが目的に応じたご提案をさせていただきます。

ランガレウェブにお任せください。

お問い合わせ