2. 企画・要件定義

ホームページを作る目的とターゲットを明確に

ホームページを制作する上で重要なことは、「ホームページの目的」と「ターゲットは誰か」の設定です。

会社の存在証明としてホームページを作りたい、自社サービスの認知度向上、販売促進の広告ツールとして活用したい、など目的はさまざまです。

また、ホームページを見てもらいたいターゲットによって掲載内容を工夫する必要があります。例えば、平日仕事をしている30代のビジネスパーソンに向けて、休日家族と出かけることが多いファミリー層に向けて、ではコンテンツ内容やデザインも変わってきます。そこで、実際に制作に入る前段階で、お客様と弊社で認識の違いが発生しないようにしっかりと情報を共有させていただきます。

市場調査と企画立案

目的とターゲットを決定するとともに、見込み客に関係する市場調査を行います。設定したターゲットの思考や行動を調査分析し、同業他社がどういった方法で市場にアプローチしているかを把握しておくことは、サイトのコンセプトを決定する上でも非常に重要になります。ターゲットが求めている情報とは何かを知り、他社にはない魅力的な情報を発信できるようにサイト全体のコンセプトを決定します。決定したコンセプトから軸がずれないようにどんなコンテンツを用意すればいいのかを一緒に考えていきます。

ランガレウェブでは、このようにお客様の強みを生かした独自のコンテンツを企画し、ターゲットユーザーにより求められるサイト制作を行っています。

目的やユーザーに合った要件定義

企画やターゲットユーザーが決まれば、次に検証するブラウザの種類やOSの決定を行い、どんな機能を付けるのか(付けないのか)といった要件定義を行います。サイト制作の成否を決定づける重要な工程になるため、慎重な検討が必要です。管理者であるお客様が運用しやすい仕組みや、ターゲットにしているユーザーが快適に利用できる工夫など、ストレスとなる構成や動作にならないように心がけます。

ランガレウェブにお任せください。

お問い合わせ