iOS 14がリリース! ホーム画面にウィジェットを追加可能になって便利になった!

先日、iPhone向けの新OS「iOS 14」がリリースされました。iPhoneユーザーは設定画面からアップデートできるようになっているはずです。

主な機能についてはAppleの公式サイトや、詳しく解説されているサイトがたくさんありますので、ぜひそちらも参照してみてください。

iOS 14 | Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/ios/ios-14/

iOSはだいたい年に一度くらいは大規模なバージョンアップが行われていますが、最初はバグなどもあって不安定なので少し時間を置いてからアップデートするのがいい、なんていう人もいます。

実際に今回もiOS 14が公開されてすぐにバグが発見されたそうですが、現在は修正版の14.0.1が公開されています。もうこれで不都合が出ないとは言い切れませんが、今回のアップデートはかなり大規模なものになるので、早めにアップデートしておいたほうがいいでしょう。

個人的に特に大きく変わったと感じたのは、ホーム画面にウィジェットを追加できるようになったということです。

ウィジェットとはひと目で情報を得られるように小さく表示させたアプリのこと。これまでiPhoneはホーム画面にはアプリのアイコンを並べることしかできませんでしたが、ウィジェットを配置できるようになり、自由度が非常に高くなりました。

設定方法はとても簡単です。ウィジェットを配置したい画面の何もない場所を長押しするとアプリを移動させたり削除できる画面になりますが、そのときに表示される画面左上の+ボタンを押します。

するとインストールされているアプリの中からウィジェットとして設定できるアプリが一覧で表示されるので、追加したいアプリを選択します。今回は「Yahoo!天気」のアプリを選んでみましたが、表示のさせ方を4種類から選ぶことができました。


こちらはアイコン2×2個分の大きさで雨雲レーダーを表示させられるウィジェットです。


こちらはアイコン2×4個分と広いスペースを取りますが、雨雲レーダーと簡単な天気情報を同時に表示させられます。


さらに現在の天気をアイコン2×2個分のスペースのなかで詳しく表示させたり


シンプルに天気予報をアイコン2×2個分に表示させることもできます。


2番目に紹介した、広いスペースを使う雨雲レーダーのウィジェットを追加してみたら、ホーム画面はこんな形で表示されるようになりました。これがホーム画面に表示されていれば、いちいちアプリを立ち上げなくても周辺の雨雲情報を調べられるので、ちょっとしたお出かけをするときに傘が必要かどうかを瞬時に判断できて便利そうですね。

ほかにも、いつも使っている野球速報のアプリがウィジェットに対応していたので追加してみましたが、全試合のスコア速報が表示されてこれも役立ちそうでした。

今後さまざまなアプリがウィジェットに対応するようになれば、さらに自由度も上がって便利になることは間違いありません。

また、時計やカレンダーなどの便利なウィジェットを追加させることに特化したアプリや、おしゃれなウィジェットを揃えたアプリなども公開されていましたので、興味のある方はぜひいろいろ探してみてください。

 


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内


長尺動画制作パッケージのご案内│新浦和映像