GSuite 導入のお手伝いをして感じたこと

某公益財団法人様の
GSuite(ジースイート)の導入対応をお手伝いしました。

主な目的はテレワーク化に伴うセキュリティ不安の解消。

安全に

・データ共有
・メール送信
・会議

を各自の端末でできるようにしたい。という要望でした。

GSuiteは、Googleが提供する
法人・向けのサービスです。

https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/pricing.html

安いとも言えないけど、セキュリティを考えれば検討の余地あり

1ユーザーあたり月680円から始められるサービスですが、

30人いる会社の場合、月額20,400円。年額244,800円。

サービス内容にしては安いと言えますが、
安いとも言い切れない、というのが正直なところでしょう。

使える機能は

・Googleカレンダー
・グーグルドライブ
・ドキュメント
・スプレッドシート
・スライド
・フォーム

など個人ユーザーだと無料でも使えるものばかり。

「辞めた社員が、私用のパソコンで、メールを見ることができる」
なんてことが起きないためには、全体アカウントの管理権限のあるGSuiteを入れた方が良いのは間違いありませんが、
機能的にあまり変わらないものに対して、お金を出すという判断はできない小規模事業者も多いのではないでしょうか。

会社としてのセキュリティ管理、という意味では導入した方が良いと思いますが、最後のひと押しに欠ける印象です。

NPO法人向けには無料のプラン

実はGSuiteは、NPO法人向けには無料のプランがあります。

https://www.google.com/intl/ja/nonprofits/offerings/apps-for-nonprofits/

非営利団体でしたら、入れた方が良いと思います。

ただし、メールサーバーの移管は、やったことない人にとってはかなりハードルの高い行為です。

導入は詳しい人に相談を

今回は、

1.既存サーバーのDNSサーバーを契約
2.GSuite for nonprofitの契約
3.GSuiteの有効化
4.GSuiteアカウントでのメールアドレスの作成
5.DNSサーバー切替(メールサーバーをGSuiteに切替)

のようなことをしました。
GSuiteと、Nonprofit受付の窓口が違うことで、申請、手続きの複雑さが増したため、

今回はご相談いただき移管をサポートするに至りました。

ドメイン・サーバー移管はひとつ間違えると

・メールのやり取りができない
・ウェブサイトが表示されない
・ドメインの権利がなくなる

ということが起きます。また既存サービスの契約情報をしっかり確認しておかないと、
上記状態が2週間以上続いてしまうことも。

ということで、
移管関連は近くの信頼できる人に頼むことをお勧めします。


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内


長尺動画制作パッケージのご案内│新浦和映像