iPhoneの電源が落とせなくなった場合の対処法「強制再起動」。機種によって方法が違うって知りませんでした

先日、iPhone8からiPhone11proに買い替えました。

カメラのレンズが3眼になり、ホームボタンがなくなって顔認証によってロックを解除できるようになったことが最も大きな違いではありますが、すべてにおいてスムーズに操作できるようになって基本的にはとても快適に使用できています。

一方、これまでに何度か画面がフリーズしてしまうということも経験しました。こんなときは決められたボタンを長押しすると電源オフにする画面を表示させることができ、そこから本体を再起動すれば解決するケースがほとんどです。

iPhone11proの場合はサイドボタンと音量ボタンを同時に長押しすることでこちらの画面を表示させられます。

ところがiPhone11proに買い替えてから一度だけ、フリーズによってこちらの画面さえも表示できない状態に陥ってしまったこともありました。

「強制再起動」という機能

困ったのでパソコンで調べてみるとさらに「強制再起動」という機能も用意されていることが判明。無事に再起動できました。

iPhone11proを強制再起動するには音量ボタン上を1回押し、音量ボタン下を1回押し、最後にサイドボタンを長押しします。これをすることで強制的に電源が落ちて再起動できるようになります。

iPhone8を使っていた頃はフリーズしてもボタンの長押し→電源オフで対応できていたので、強制再起動なんていう方法があることは全然知らなかったです。

もちろんこの強制再起動はiPhoneの各シリーズに用意されているのですが、その方法はシリーズによってことなるので要注意。それぞれの強制再起動の方法はiPhoneのユーザガイドページに掲載されているので確認してみてください。

 

iPhoneを強制的に再起動する
https://support.apple.com/ja-jp/guide/iphone/iph8903c3ee6/12.0/ios/12.0

 


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内