パワーポイントでも動画が作れる!

講師業の僕にとって、Microsoft社のパワーポイントは切っても切り離せない存在です。
パワーポイントのスライドを使って動画教材を作ることも多い。

一方で、パワーポイントそのものでも、動画を作ることができます。
ちょっとした講座や、SNS向けの動画だって作れてしまう。

今回は、どこまでできるのか、を探ってみました。

[ご注意]
パワーポイントは、バージョンが違うと表示が異なります。
また、Windows用とMac用でも異なります。

そのため、この記事では厳密なマニュアルとしてではなく、
「こんなことができるんだ」ということを知ってもらうことを目的に書いています。

* * *

まずは、パワーポイント(以下、パワポ)で動画を作っていく流れを解説します。

【1】スライドを制作する

僕の第一回目の記事をパワポにまとめ直したものです。

動画なので、スライドの設定は16:9に変えておきます。

【2】アニメーションを設定する

パワポ動画は、アニメーションが活かせるのが大きい。
文字や画像に動きをつけていきます。

【3】画面切り替えに効果をつける

スライドとスライドの切り替えに効果をつけられます。
動画編集でいうところのトランジションですね

1ページあたりの表示時間もここで設定ができます。

【4】mp4で書き出す

名前をつけて保存するときに、mp4形式で保存すれば動画の完成です。

ここで、書き出した動画をご覧ください。
https://youtu.be/Swld1PQNqYQ

ちょっと味気ないですね。

音楽を入れる

用意しておいたフリー音楽を選択して、挿入します。

先程までの映像に音楽を加えたものをご覧ください。
https://youtu.be/MLUX4D41gdg

ぐっと動画らしくなりました。

表示時間を調整する

例えば、文字が出るタイミングや画像が出るタイミングなど、細かい調整も可能です。

スライドの中に動画も挿入できますし、かなりの作り込みができそうです。

インフォグラフィックまで作れてしまう

いいなと思ったのはここです。
パワポでグラフを動かしたら、そのまま動画になってしまいます。

動画にしたものはこちら。
https://youtu.be/YEncCx5S7ao

<まとめ>

・動画編集ソフトに慣れている僕からすると、少々手間取りました。
表示の仕方にこだわりたい方は、(この文字を出してしばらく固定して、次にこれとこれをパパッと出す・・みたいな)調整は、かなり慣れが必要だと思います。
しかし、すでにパワポを使っている方であれば、動画編集ソフトを買うことなくこういった動画が作れます。パワポを使いこなしてる人なら、トライする価値はあるかなと思います。
人によってはこれで十分、という人もいるでしょう。

・簡単なスライドショーならむしろパワポの方が楽だなと。
すべて同じタイミングで順番に出すだけ、みたいなシンプルな動画を作るなら、もうパワポでいいんじゃないでしょうか。

・文字の動かし方は、映像編集ソフトよりも柔軟性があります。
また、アフターエフェクトなどを使うよりはるかに簡単。
正直、ちょっとしたインフォグラフィックならパワポで作っておいて、書き出した動画をプレミアなどに読み込んで使おうかな、なんて(半分本気で)考えてます。
パワポで作ったとバレないかもしれない。

・音声ナレーションもトライしましたが、できなくはないんですがさすがに面倒くさくなりました。
ここまでやるなら、編集ソフトの方がはるかに便利だと思います。

30分とか長い動画を作るのに向いてるかどうかは不安が残りますが、
これならできそうだな、と思った方は、パワポ動画を試してみる価値はあると思いますよ。

 


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内


長尺動画制作パッケージのご案内│新浦和映像