スパチャは、YouTubeライブ配信の投げ銭機能

YouTubeに動画を公開することで収入を得る“YouTuber”は現在小学生たちの憧れの職業のひとつ。トップクラスのYouTuberは人気タレントも驚くほどの収入があることで知られていますが、どのような仕組みで収益を得ているかはご存知でしょうか。

最も軸となっているのは公開した動画中に流れるCMの広告収入で、この再生回数に応じた収益が分配されています。

このほかにも収益を得るシステムはいくつかあるのですが、今回はライブ配信中の“投げ銭”によって視聴者から直接収益を得る方法について紹介します。

※YouTubeで収益を得るためには前提条件があります。
・チャンネル登録者数 1000人以上
・1年間の動画総再生時間 4000時間以上
この条件をクリアできなければ、動画がどんなに再生されても1円も収益を得られません。

YouTubeの投げ銭システム「Super Chat」と「Super Sticker」

普段YouTubeをあまり見ない人にとっては「そんな方法もあるんだ」と驚くかもしれませんが、投げ銭はYouTubeに限らずさまざまなライブ配信サービスで配信者が収益を得る手段として定着しています。


こちらはYouTubeのライブ配信中の様子をPCから表示した画面です。動画の右側にチャット欄が表示され、その下に顔文字と¥マークのアイコンが表示されていますよね。


こちらがYouTubeの投げ銭機能にあたる「Super Chat」と「Super Sticker」です。よく「スパチャ」なんて略されたりしています。


Super Chatは投げ銭の金額を100円から5万円まで設定することができ、金額に応じてチャット欄に長時間目立つように表示させたりすることができます。

Super Stickerの方はメッセージを添えることができませんが、もう少し低い金額から送ることができます。


Super Chatは応援している配信者に対して直接支援ができるだけでなく、ライブ配信を盛り上げる手段にもなっているため、もはやライブ配信には欠かせない機能になっているといえるでしょう。

ところが、この機能によって送られた金額は配信者のもとに全額入るわけではありません。YouTubeに手数料を引かれ、さらにiPhoneから送信した場合はAppleからも手数料を引かれた金額が配信者のもとに分配されます。

実際の収益率はどのくらい? ライブ配信で収益を得るのにYouTubeはおすすめ?

先日、私がYouTubeライブでイベントを開催した際には7,315円分のSuper Chatを受け取ったのですが、実際の収益は4,165円でした。計算してみると手数料として約43%(3,150円)引かれてしまったことになりますね。

先述の通り、iPhoneからのSuper ChatはAppleにも手数料を引かれてしまうため、PCやAndroid端末からのSuper Chatの割合が大きいほど手数料は低くなります。

そのため手数料の割合はどのくらいとは一概には言えないのですが、個人的な体感値としてはだいたい30%〜40%くらいに収まると思っています。

結構持って行かれちゃうな……というのが正直な感想で、実際にもっと利益率が高いライブ配信サービスもたくさんあるのですが、ユーザー数はYouTubeが群を抜いているのは間違いありません。

ユーザー側からするとスマホの決済で簡単に投げ銭ができるというメリットもありますし、もしライブ配信で収益を得たいと考えている方はほかのサービスとよく比較したうえで、利用するプラットホームを決めたらいいのではないかと思います。

 


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内


長尺動画制作パッケージのご案内│新浦和映像