テレビの映らない生活をはじめてみましたが、不自由なく過ごせています

めちゃくちゃ個人的な話なのですが、今月の頭から家のテレビが映らなくなりました。
テレビ本体が壊れたというわけではありません。
電波を受信できない状態になってテレビが映らなくなったのです。

きっかけはケーブルテレビの解約でした。
最近はケーブルテレビの番組をまったく見なくなり、お金を払い続けているのがもったいなくなってきたので、10年以上契約を続けていたケーブルテレビを解約することにしたのです。

ところが我が家ではケーブルテレビを介して地上波デジタル放送を見ていたため、地デジアンテナなどを設置してませんでした。
そのため、ケーブルテレビの解約と同時に地上波デジタル放送も映らなくなり、テレビはNintendo Switch専用の巨大モニタと化しました。

我が家で再び地上波デジタル放送を見るためには、地デジアンテナを設置する工事をするか、据え置き型の室内アンテナを買う必要があります。
しかしそもそも地上波デジタル放送もそんなに見ていなかったですし、思い切ってテレビを見れない環境のまま生活してみることにしてみました。

これが意外と不自由なく過ごすことができ、改めて「インターネットって便利だな」と感じられるサービスがいくつかあったので紹介させていただきます。

ニュースと天気予報はYouTubeで快適に見れる

テレビが見れなくなってまず困るのは、ニュースや天気予報などの生活に必要な情報を見れなくなることかなと思っていました。

ところがYouTubeを調べてみると、24時間ライブ配信でニュースや天気予報を配信しているチャンネルがありました。

・ANNnewsCH(ニュース配信)

テレビ朝日が運営する「ANNnewsCH」では最新ニュースを常にライブ配信しているだけでなく、トピックスになるニュースは1本ずつ切り分けてアップロードされています。

時間がないときには動画一覧から気になるニュースだけを選んで見れるので、テレビでニュース番組を流し見るよりも効率的です。

また、渋谷や浅草、銀座のライブカメラも見ることができます。

・ウェザーニュース(天気予報)

「ウェザーニュース」は天気予報を24時間ライブ配信しているチャンネルで、ANNnewsCHと同様に短く編集した天気予報動画もアップロードしていたり、ライブカメラの配信もおこなっています。

こちらのチャンネルで面白いなと感じたのは、YouTubeライブのチャット機能を使ってキャスターさんにメッセージを送ったり質問したりできること。

チャットで寄せられたメッセージや質問についてキャスターさんがリアルタイムで回答する時間も設けられているので、気になることを詳しく聞くこともできますし、雑談のようなやりとりもできますし、距離がすごく近く感じられるのです。

我が家ではNintendo SwitchにYouTubeのアプリを入れていて、テレビを使ってこの2チャンネルを見たいときに見れているので、不自由をしないどころか今までよりも快適になった感さえあります。

民放テレビ局が連携したテレビポータルサイト「TVer」も便利

普段からあまりテレビを見ていなかったとはいえ、さすがに見たいテレビ番組がひとつもないというわけではありません。

それにも少し寂しさを感じるかなと思っていたのですが、民放テレビ局が連携して運営している見逃し配信サイト「TVer(ティーバー)」がその不安を払拭してくれました。

・TVer

約200番組を好きな端末から好きなときに無料で見ることができて実に便利。しかもバラエティからドラマ、さらに子ども向けの番組までかなり幅広く網羅しています。

これまで何度か「この番組は見たかったけど、TVerにあるのかな?」と思って調べてみたことがあるのですが、いずれも配信されていて改めて便利だなと感じました。

スポーツ中継は配信サービスに加入する予定

あとはケーブルテレビを解約したことによってスポーツ中継を見れなくなってしまったのは残念なのですが、これは代わりに「DAZN(ダゾーン)」などの配信サービスに加入しようと考えています。

・DAZN
https://www.dazn.com/

こちらも好きな端末から視聴できるようになるので、ケーブルテレビよりも便利になることは間違いなさそうです。現在は新型コロナウイルスの影響でプロスポーツ自体が止まってしまっていますが、再開したらおそらく加入することになるでしょう。

NHK受信料も支払わなくてよくなった

これらのサービスを駆使することで不自由なくテレビなしの生活を送ることができているのですが、テレビが見れなくなってなにより嬉しいのはNHKの受信料を支払わなくてよくなったことですね。

家にテレビ本体はありますが、そのテレビで地上波デジタル放送を受信できなくなった場合は受信料の支払いが免除されるのです。

これまでは年間で24,000円くらい支払っていたのがゼロになるのは本当にありがたい限り。こんな節約ができるのもインターネットのサービスが充実しているからこそですよね。

今後もさまざまなサービスを活用しながら、できる限りテレビなしの生活を続けてみたいと思います。


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内


長尺動画制作パッケージのご案内│新浦和映像