オンライン飲み会。フィルター機能を使えばスッピンでも大丈夫!!

Web会議の応用編! 「オンライン飲み会」も流行しています

以前にWeb会議に便利なサービスをいくつかご紹介しましたが、最近はこれらを用した「オンライン飲み会」というのも流行り始めています。

新型コロナ対策で注目!!Web会議は誰でも無料で簡単に始められます

どうやら現在オンライン飲み会に最も活用されているサービスは「Zoom」のようですね。

Zoomはフリープランでも最大100名まで会議に参加できるうえに、背景を自由に変えられるバーチャル背景機能など、実際の飲み会では体験できない遊び要素が盛り込まれているのも人気を集める要素となっているようです。

こちらは桜の写真をバーチャル背景に設定してみたZoomの画面なのですが、実際の背景がゴチャゴチャしていても見事に写真を合成してくれるのがすごい。部屋が散らかっていてもこれなら安心です。

また、スマホのカメラアプリのように、顔にさまざまなフィルターを掛けられる「Snap Camera」というアプリとZoomを連動させるのも流行っているようですね。

すっぴんでビデオ会議OK!Zoomで使えるSnap Cameraが在宅勤務に最高だった:ワーママのガジェット育児日記(engadget)

こちらも遊び要素のひとつでもありますが、フィルターをかけることで女性はメイクをしなくてもオンライン飲み会に気軽に参加できるようになるというメリットもあるようです。

ただしZoomを利用するにはアプリをダウンロードしなければならず、これは普段インターネットを利用していない人にとってはハードルになるようです。

さらに最近になってセキュリティの問題も注目されています。Zoomのセキュリティの脆弱性が指摘され、台湾政府、ドイツ外務省、Google社などが組織内でZoomを使用することを禁止し始めているのです。

Zoom、台湾政府がセキュリティ上の懸念から全面禁止。ドイツ外務省やGoogleも使用に制限(engadget)

そこで先日、メッセンジャーアプリの「LINE」を使ってオンライン飲み会を開いてみましたが、LINEでも問題なく楽しむことができました。

Web会議のツールとして使うには機能が足りないかもしれませんが、逆にオンライン飲み会ならこれで十分。LINEで繋がっている友達同士でトークまたはグループを作ってビデオ通話をするだけで始められますし、顔にフィルターをかける機能もありますし、なによりLINEでさえ繋がってさえいればすぐに始められるというのが最大のメリット。

Zoomは無料プランだと40分までという時間制限もありますがLINEは無制限ですし、人数もなんと最大200名まで参加できるそうです。(会話が成立するかはわかりませんが)

家でのオンライン飲み会なら終電の心配をしなくてもいいですし、眠くなったらすぐに寝られますし、遠方に住んでいて普段は一緒に飲めないような人とも気軽に飲めますし、いざ始めてみるとなかなか便利で楽しいなことばかり。

居酒屋の美味しい料理を食べられないのは寂しいですが、オンライン飲み会ならではのメリットを十分感じられるのではないかと思いますよ。


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内


長尺動画制作パッケージのご案内│新浦和映像