ビデオカメラのデータをコピーしてもDVDプレーヤーでは再生できません

「ビデオカメラで撮ったデータをDVDにコピーして欲しい」と、知人からSDカードを渡されることがあります。私が映像の仕事をしているからでしょう。
お子さんのイベントや家族旅行など内容はいろいろですが、大概は複数枚コピーしてDVDを友人や身内にプレゼントするのが目的のようです。
自宅でビデオカメラをテレビに繋げるなどして見ている知人にしてみれば、「データをコピーする」だけのことのだと思っているはずです。
ですから私は、「ただDVDにコピーしてもテレビでは見られませんよ」と答えることになります。

オーサリングが必要

なぜなら、録画した映像ファイルは、mp4とかmovといったファイル形式になっていて、DVDプレーヤーで再生できません。これを再生できる形式に変換する工程をオーサリングと言いますが、この工程が必要なのです。
オーサリングによってチャプターを分けたり、メニューを作ってみたりして見やすくもできます。

では、私が個人的に頼まれた場合どういう作業を行うかと言うと、まずは録画した映像、mp4やmovなどの形式のファイルをmpeg2形式の動画とwav形式の音声に分けます。これはDVD Flickという無料ソフトを使います。

そしてその次に、img Burnというやはり無料のソフトを使ってDVDに書き込めば完成です。

この工程を一発で行う“書き込みソフト”はあります。
有名どころならtoast(ト―スト)などありますが、下記のサイトによれば10,000円以上するようです。

https://www.roxio.com/jp/products/toast/titanium/

カメラ屋さんでも受け付けています

ということで、詳しいお知り合いがいない方はカメラ屋さんでも受け付けていますので調べて見てください。たとえば下記のページをご覧ください。
■コイデカメラ
https://www.koide.jp/index.php/service/printmenu/others/dvd-bd/
■カメラのキタムラ
http://www.kitamura-print.com/video_copy/videocamera_copy/


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内