意外とまだ知られていない?iPhoneの動画補正機能

スマートフォンで動画を撮れるのはとても便利ですが、もし撮影した動画がものすごく暗く撮れてしまっていた場合、皆さんはどうされますか?

静止画ならたいていのSNSやチャットツールで送信する際に画像の加工ができますし、iPhoneならアプリを入れなくても画像を開いてそのまま編集・補正ができますが、動画ではそうはいきません。いや、そうはいきませんでした。

iOS13の新機能

実はこの9月に初リリースされたiOS13にアップデートしているiPhoneなら、動画も編集・補正をすることができるようになったのです。
標準搭載の動画編集アプリ「iMovie」も使い勝手はバッチリですが、それでも苦手意識のある方もいたでしょうから、これは画期的な機能です。

随分と便利になりました。

まずは編集したい動画を選択し、右上の編集ボタンをタップします。

すると上のような画面になり、動画の長さ調整、トリミング、明るさ調整、コントラスト調整などから角度調整、フィルタなど、実にさまざまな編集を行うことができます。

しかし項目が多すぎると「そんなに機能が多くても使いこなせないよ」という方も多いはず。そんな方は「調整」メニューの中に「自動」というボタンがあるのでそれをクリックし、あとは明るさだけお好みで調整してみてください。


たとえばこちらの暗い動画も……


自動+明るさ調整し、さらに少し拡大するだけでここまで変わりました。


横に並べてみるとその差は一目瞭然ですよね。今回はほかの項目も少しだけ調整してみましたが、「自動」ボタンを押すだけでもだいぶ印象が変わりますよ。

「iMovie」との連携も

慣れてきたら「iMovie」との連携にもトライしてみたらどうでしょうか?
テロップや音楽を入れて楽しめます。


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内