ランガレウェブは
サイト名称をwepRESS(ウェプレス)に
リニューアルしました。

古いMACをSSD化してみた

こんにちはデザイン山形の菅野です。

突然ですが みなさんはWindows派ですか?

私は完全にMac派です🍎

デザインの仕事に関わり始めてから
かれこれ15年以上
職場も自宅のパソコンもオールMacです(笑)

お客様のメール設定などで Windowsに触れる機会もあるので
Windowsも使うことはできますが
筋金入りのMac派です

ただ、デザイン性もあっていいのですが
ちょっと高いんですよね〜

AppleのWEBサイトで簡単に金額が分かるのですが
このくらいは欲しいなと思えるスペックを選んでみると
20万円前後の価格になります

なので、買い替えの時には悩みます😅

WEBデザインだけであれば それほど問題ではないのですが
グラフィックデザインや映像編集などする場合には
パソコンの速さはかなり重要になります

昨年、使っていたiMacがあまりにも遅すぎて
買い替えを考えていました

使っていたのは iMac (21.5-inch, Late 2013)
今やSSDが主流になりつつある時代ですが
通常のHDD版なので
読み込みや書き出しなどかなり遅い状況でした

また、イラストレーターやフォトショップなどの
「Adobe Creative Cloud」との相性も悪いようで
ソフトの立ち上げなどもかなり遅く
途中で読み込みっぱなしになり再起動をかけることもしばしば…

もはや限界なので 買うしかない
スピードの面を考えると爆速のSSDが希望です
しかし、SSDはハードディスクの容量を少なめで選んでも価格は高い
今は お金がちょっときついな〜と悩んでいました。

その時期に WEB案件の仕事で
システムエンジニアの方と打ち合わせ中に
何気なくその話をしたところ…

「SSD買って 交換しちゃえば安いんじゃないですか
Macでできるかわかりませんが…
Winだと結構簡単にできますよ」

「交換???」

衝撃の一言です
Windowsでは比較的 知られている情報みたいですが
SSDに交換なんて発想はまったくありませんでした!

さっそくGoogle先生で検索です

出てきた情報を複数確認したところ
SSDの交換いけそう(^^)

よくわかっていないのですが
SSDの場合は「本体」と「ケース」が必要とのころ
実際に交換した人の情報を元に
間違いなさそうなものをAmazonで購入

SSD本体とケースを合わせて
なんと13,777円でした!
あまりにも安いので1TBを買うか迷いましたが
うまくいくかわからないので まずは500GBで購入

ここからはやり方が二通り
(1)内臓のHDDをSSDに入れ替える
(2)SSDを外付けにして起動ディスクにする

(1)はできなくはなさそうですが
画面を開けて入れ替えたり かなりリスキーなので
(2)の外付け対応することに

App StoreからOSをダウンロードし
初期化したSSDの中にインストール
起動ディスクをSSDに設定して完了でした!

実際使ってみて かなり早くなりました!
外付け対応したこともありますが 思ったよりも簡単!

ただデメリットは見た目ですかね…
常に外付けしている形にはなりますので
デスクトップ周りが煩雑なるかもです😅

逆にメリットとしては
入れ替えではなく、SSDを追加するので
以前のHDDも残るのは良いかと思います
PCやアプリの起動などはSSDで
データを旧HDDに保存する の使い方ができるわけですね
また、外付けなので、取り外して別のMacで使用することもできます
私は この使い方よくしますが便利です

今回 Win派の方には まったく関係ない情報となりましたが😅
もし 古いMacをお使いで遅さにお悩みの場合は
SSD化 試してみてはいかがでしょうか?
コスパも良く結構簡単にできます


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内