人気芸人・ミキの“ステマ”ツイート100万円は高額? バズったツイートのアナリティクスを見ながら考察します

先日、人気お笑い芸人の「ミキ」の2人が京都市から100万円を受け取り、4回に渡ってTwitterで京都市をPRする投稿をしていたことが報じられ問題となっています。

有名人がお金を受け取ってPRを行うこと自体は問題ありません。しかし、広告であることを隠して宣伝行為を行うことは“ステマ(ステルスマーケティング)”と呼ばれ、消費者を騙すような行為となってしまいます。そのため、金銭の受け渡しが行われた広告投稿の場合は、広告であることがわかるように「PR」「提供」といった表記をするようガイドラインで定められています。

今回は金銭の受け渡しがあったことが明らかになっていながらも、京都市と吉本興業はステマ行為だとは認めていないことや、そもそも4回に渡るTwitter投稿で100万円も支払われたということを問題視する声が上がっているのです。

この投稿がステマに該当するのかしないのかという問題はさておき、今回はツイート1回あたり25万円という金額が高額なのか妥当なのかということを考察してみようかと思います。

日常の他愛もないことばかりをツイートしている一般人にとっては、ツイート1回で月給並みの報酬が発生するなんて信じられない話かもしれませんが、データに基づいて調べてみるとそこまで法外な金額ではないといえることがわかります。

こちらは問題となったツイートのひとつで、2018年10月に投稿され、2019年11月3日現在で2100件超のいいね、168件のリツイートを集めました。この投稿が実際にどれだけの人のタイムラインに表示され、どれだけのクリック数があったのかはわかりません。

ここで参考までに、私個人のアカウントで過去に470リツイート、1400いいねを集めたツイートのアナリティクスを見てみましょう。

私のそのツイートはTwitterのタイムラインに合計35万回以上表示され、7万人以上がツイートの画像をクリックし、リンクをしていたページにも3600回超のアクセスがありました。そして当時の私はおそらく1000人程度のフォロワー数だったと思います。

ミキの二人がこの投稿をした当時にどれだけのフォロワーがいたのかはわかりかねますが、2019年11月現在で二人とも10万人を超えるフォロワーがいるため、このツイートがタイムラインに表示された回数は間違いなく数百万回以上にのぼるでしょう。

ツイート内でリンクされているURLがクリックされた回数はユーザーがどのくらい興味を示すかによって変わってきますが、私の過去のツイートと同じ比率で計算すると、余裕で1万回を超えるクリックがあったと推測できます。

人気お笑い芸人のミキが興味を持っているとブランディングでき、クリック単価20円くらいでサイトも宣伝できると考えれば、かなりコスパのいい宣伝だったといえるのではないでしょうか。

ちなみに、私の個人アカウントで過去に1万件超のリツイートと4万件に迫るいいねを集めたツイートのアナリティクスは以下のようになっていました。

なんとツイートの表示回数は300万回を超え、画像のクリック数は34万回を超えました。ものすごい数字です。Twitterでバズると大きな宣伝効果があるということがおわかりいただける数字ではないでしょうか。SNSのなかでも特にTwitterに力を入れる企業が多いのにも納得ですよね。

ミキの問題の投稿に「PR」「提供」などと明記されていれば拡散数やクリック数が減ってしまうとは思いますが、ミキの4ツイートで100万円という費用感はさまざまなWeb広告の相場と比較しても決して高額すぎることはないといえるでしょう。


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内


長尺動画制作パッケージのご案内│新浦和映像