ランガレウェブは
サイト名称をwepRESS(ウェプレス)に
リニューアルしました。

ある時は絵コンテを描き、またある時は字コンテを書く

 

「絵コンテの描き方を教えて欲しい」

こんなふうに頼まれることがとても多いです。
しかし、「絵が描けないから自分には無理だ」と諦めモードになる方も多いのが寂しい。

まずは字コンテがオススメ

そこで、絵コンテを描いてみたい方に、最初にオススメしているのが、<字コンテ>というものです。
絵コンテが絵を描いて表現するのに対し、字コンテは字を書いて表現します。

実際に僕が書いた字コンテがこちらです。

どこでカットするか、シナリオに線を引き、それぞれどう撮るかをメモ書きしていきます。

ちょっと字が汚いのが恐縮ですが、
「2人の全身が入るように」
「顔のUP」
「S(登場人物の略称)の横姿」
といった文字が書いてあります。

撮影当日は、このメモを見ながら、「2人の全身が一つの画面内に入るようにカメラは引いて」などと指示を出すわけですね。

絵コンテのレベルは5段階

ところで、絵コンテには、レベルがあると考えています。
僕の中の定義では次の5段階。

レベル1:自分のアイデアをメモする
レベル2:カメラマンと共有する
レベル3:人を口説く
レベル4:提案して人を動かす
レベル5:絵コンテだけで人を魅了する

僕は普段、レベル1〜4の範囲で絵コンテを描き分けています。
(レベル5は見果てぬ夢です)

レベル1の自分のアイデアをメモするだけなら、絵コンテを描かなくても字コンテで十分、なんてことも多いんですね。

絵を描くのが苦手、抵抗がある、という人も、
字なら書けるぞ、なんて希望が持てませんか?

字コンテの限界

もう一つ字コンテを見てみてください。

会話シーンで、細かく線が引かれ、カット割りが多いのが分かります。左上に「ややパン」というメモが見えますでしょうか。
パンというのは、三脚に載せたままのカメラを、右や左に回転して動かすこと。

何度も書きますが、あくまで「レベル1:自分のアイデアをメモする」ために書いたもの。
他人に見せることを目的にしていないので、悪筆はお許しください。

描くのか、書くのか、それが問題だ

絵コンテか、字コンテか。

自分が監督兼カメラマン、というような一人で完結する撮影なら、どっちでもいいんじゃないかなと思います。

一方で、見せる相手がいるなら、絵コンテでも字コンテでも、何かしらあった方が便利でしょう。
コミュニケーションが円滑になります。

どうやって伝えるか。
一度考えてみてはいかがでしょうか。