ランガレウェブは
サイト名称をwepRESS(ウェプレス)に
リニューアルしました。

YouTuberの推定収入をのぞき見する方法

今や子供のなりたい職業で当然のように上位にランクインするといわれているYouTuber。
好きなことを配信して収益を得ることができるのは何よりの魅力ですが、HIKAKINさんやはじめしゃちょーさんなど日本でトップクラスのYouTuberにもなると年収が数億円レベルにも達するそう。収入面から考えても子供にとって夢の職業なのです。

でも、トップレベルのYouTuberがとんでもない高収入らしいということは聞いたことがあっても、そこまでのレベルには到達していないYouTuberたちはどのくらいの収益を得ているのでしょうか。気になりますよね。

YouTuberの推定収入を調べられるツール「SOCIALBLADE」

実はYouTuberたちの推定収入を簡単に調べることができるツールが公開されています。それは「SOCIALBLADE」という英語のサイトなのですが、調べたいYouTubeチャンネルの名前を入力して検索するだけで、簡単にさまざまなデータを調べることができます。

https://socialblade.com/

試しにHIKAKINさんのYouTubeチャンネル「HIKAKIN TV」と入力して検索してみましょう。すると以下のような画面が表示されました。

こちらの画像の赤枠で囲っている場所が推定収入を示していて、左の「ESTIMATED MONTHLY EARNINGS」が推定月収、右の「ESTIMATED YEARLY EARNINGS」が推定年収の数値になります。

推定年収の欄には「$193.5K – $3.1M」と表示されていますが、これは「19万3500ドル~310万ドル」の間ということを示しています。随分と幅をもたせた表示になっていますが、実際にはこの最大の金額の半分くらいであることが多いそう。
つまり「HIKAKIN TV」の推定年収は155万ドル、1ドル110円として計算すると約1.7億円という計算になります。

HIKAKINさんは「HIKAKIN TV」のほかに3つチャンネルを持っているため、年収はさらにとんでもない金額になっていることでしょう。

トップYouTuber以外の収入は?

HIKAKINさんの収入が本当にすごいことはわかりましたが、そこまでトップとは言えないYouTuberはどのくらいの収入を得ているのでしょうか。

例に出すのは大変申し訳ないですが、かつて“なぞかけ”ネタで注目を集めたお笑い芸人のねづっちさんのYouTubeチャンネルを調べてみることにしました。チャンネル登録者数は約1万人。
HIKAKIN TVの約750分の1です。

すると推定年収は340ドル~5400ドルと表示されました。同じように計算すると年収は約30万円程度のようです。さすがにこの収入だけで生活を送るのは難しそうですね。

このように「SOCIALBLADE」を使うとこっそり推定収入を調べることができます。皆さまの好きなYouTuberや、まわりの友人のYouTubeチャンネルなど、気になるアカウントがあったらぜひお試しください。


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内