無償サービスは儲かる? 100種類以上のポケモンのイラスト素材が無償提供開始

インターネット上で無償配布されているイラスト素材といえば「いらすとや(https://www.irasutoya.com/)」が有名です。皆さんもこんなイラストを目にしたことがあるのではないでしょうか。

「いらすとや」のイラストはクレジット表記などが不要で、商用利用も含めてほぼ自由に利用することが許可されているため、インターネットのみならずスーパーや家電量販店のPOPやチラシなど、さまざまな媒体で利用されています。

そういった認知度の高さもあって有料で販売されたLINEスタンプは大ヒットを記録。イラスト素材を無償で配布し続けたことが結果的に大きな利益を生んだ好例といえるでしょう。

そして先日、世界中で親しまれているおなじみのキャラクター「ポケモン」のイラスト素材の無償提供サービス「ポケモンイラストラボ」が公開され、大きな話題となっています。

https://www.pokemon.jp/special/illust-lab/

こちらの「ポケモンイラストラボ」では100種類以上のポケモンのイラストが公開されていて、お子さまを対象にした国内の教育・保育・公共・医療施設での非営利使用に限って無償で利用することができるようになっています。つまり小学校や幼稚園、保育園、児童館、図書館、公民館などでイラストを使った商品を教材として自由に使えるようになるのです。

教育の現場などでは当然大助かりでしょうし、イラスト素材が多く使用されれば子どもたちは幼少期からポケモンに触れることになり、ポケモンのゲームやアニメ関連グッズなどの売上増に間違いなく繋がることでしょう。

過去にはテレビドラマ化も果たした佐藤秀峰先生の人気医療漫画「ブラックジャックによろしく」も著作権フリーとなり、あらゆる二次利用も自由にできるようになっています。

『ブラックジャックによろしく』マンガデータを、二次利用フリーですべての方に公開しています。|マンガonウェブ
http://mangaonweb.com/company/download.html

こちらも無料配布したことによって二次利用が爆発的に増え、その影響で他の作品の売上も増加し、最初の1年間は電子書籍の販売ロイヤリティが前年までの約6倍に伸びたそうです。以下は作者本人による報告記事ですが、詳細なデータが掲載されていますので興味のある方はぜひご一読ください。

「ブラックジャックによろしく」二次利用フリー化1年後報告 後編|佐藤秀峰|note
https://note.mu/shuho_sato/n/neda36a41a7b3

おそらくポケモンのイラスト素材も同様に大きな経済効果があることでしょう。今後も同じような例が増えそうな気がしますね。

ランガレウェブのサイト制作