ランガレウェブは
サイト名称をwepRESS(ウェプレス)に
リニューアルしました。

妊娠したらダウンロードしておきたいアプリとネットサービス

初めての妊娠・出産の場合、何から手をつければ良いのか分からない、という方がほとんどなのではないでしょうか。かく言う私も、まさにそんな右も左も分からない初産婦の中の一人でした…。
しかし本当に便利な世の中になりました。インターネットやスマホアプリの中には、妊婦さんの強い味方になってくれるものがたくさんあります!
今回は、私が使ってみて便利だなと感じたものをいくつかご紹介します。

ママに便利!パパにはパパになる意識を植えつけてくれる「ninaru(ニナル)」と「パパninaru(ニナル)」

妊娠応援アプリで私がオススメしたいのが「ninaru」。出産予定日まであと何日なのかや、週数に合わせた情報を教えてくれるので、少しずつママになる覚悟が固まっていきます。また、産婦人科医氏監修のメッセージが毎日届いたり、検索機能も充実しており、他の妊婦さんの体験談などもかなり役に立ちます。
そして、ninaruの良い点は、ママ版だけではなくパパ版もある点。男性は自分の体のことではない分、妊娠・出産の大変さや辛さをあまり真剣に受け止められずにどこか他人事である場合も多いものですが、「パパninaru」に登録することにより、専門家や他人からの情報・意見が頭に入ってきますので、少しずつ「パパになる」心の準備をしてもらえます。

ninaru(ニナル)

App Store

Google Play

パパninaru(ニナル)

App Store

Google Play

前駆陣痛? 本陣痛? 初産婦さんにも分かりやすい!「陣痛時計」

陣痛には前駆陣痛と本陣痛がありますが、初産婦の場合、どっちがどっちだか分からない!という不安があります。産院からは「10分間隔になったら電話をして下さい」と言われますが、痛むお腹を抱えつつ時間を計るのはなかなか大変です。
「陣痛アプリ」は、痛みが始まったらスタートボタンを押し、収まったらストップボタンを押すだけで何分間隔で陣痛がきているのかを簡単に計ってくれる便利アプリ。臨月が近づいたら、早めにインストールしておきましょう!

陣痛時計

App Store

もうすぐ産まれそう!? スムーズに産院へGO!「陣痛タクシー」

家に誰もいないときに急に産気付いたらどうしよう!?という心配をせずに済むのが「陣痛タクシー」の存在。破水対策として防水シートを準備していたり、ドライバーが講習を受けていたりするので安心です。インターネットの申し込みフォームから事前に住所等を登録しておくので、その場になってあたふたせずに済みますし、優先的に車を回してもらえます。多数のタクシー会社がこのサービスを行なっており、会社によってはマタニティギフト等のサービスがあることも。「陣痛タクシー」で検索して、家の近くでサービスを行なっているタクシー会社を探してみましょう。

妊娠・出産でかかるお金、もらえるお金をしっかりチェック!

妊娠・出産は保険がきかないため、実費での支払いとなり、毎回の検診だけでも五千円、一万円とお金がどんどん飛んで行ってしまいます……。一方で、様々な助成金などがもらえる場合も。「妊娠なうマネー-出産のお金手続き準備アプリ」は、どのくらいの費用が必要なのか、助成金をもらうための手続き方法等の情報を教えてくれます。自治体への申請等、分かりにくくて面倒な手続きも「やることリスト」で教えてくれるので分かりやすい!

妊娠なうマネー-出産のお金手続き準備アプリ

App Store

Google Play

妊娠・出産に関しては、早め早めに動いておいた方が後々にラクだったり、得したりすることが多いもの。逆に、知らなかったせいで苦労したり損をすることも多いので、便利なアプリを使って情報を入手し、なるべくラクに、賢く産みましょう!