ついつい長時間やり過ぎていませんか? SNS 依存症を克服したい人へのアドバイス!

Twitter、Facebook、Instagram、TikTok……インターネットは様々な SNSであふれていますが、そんな中、ついつい一日中 SNSにログインしっぱなし、という方が非常に多く見受けられます。便利で楽しい SNSですが、朝起きてから夜眠るまで5分おきにチェックしている、というような生活に陥ってしまっているような方は、注意が必要かもしれません。

こんな人は SNS 依存症かも……!?

SNSを覗くと、派手なパーティー、豪華な食事、オシャレで意識高めな生活、幸せそうな家族の風景……と、絵になる写真や楽しげなテキストが次から次へと流れてきます。
そんな他人の投稿を見ていて、ふと自分の生活を省みると、なんだかつまらないものに感じてしまっていませんか? または、自分の投稿につく他人からの「いいね!」を求めて、良い写真を撮るのに必死になっていませんか? 元カレや友人などの言動を、常にチェックしていませんか?
そんな自覚がある方は、SNSに依存している可能性大です。「そんなに四六時中、SNSを見ているわけではないし」と思っている方も、安心するのはまだ早い! SNSに一喜一憂してしまっているのであれば、その時点で既に SNSに振り回されてしまっている証拠。
SNS依存に陥ってしまうと、それが原因で生活スタイルが乱れたり、情緒不安定になったり、最悪の場合うつ状態に陥ってしまうこともあります。また、自覚がないうちにインターネットストーカー化している場合も……!

SNSに依存せず、上手に楽しむための秘訣とは?

しかし SNSは本来、日常を楽しく過ごすための便利なツールの一つなのです。知りたい情報を入手したり、友人たちとのやりとりに心和ませたりと、プラスになる点はたくさんあります。
SNSを上手に使うためには、利用時間を限定することが一番の良策。もし、暇さえあればスマホを手に取ってしまう自覚がある方は、スマホを自分の定位置から少し離れた場所にキープするようにして、一時間に何分まで、1日に何時間まで、と利用時間に制限をかけましょう。
また、読んでいてなんとなく毎回モヤッとさせられたり、引っかかってしまう他人の投稿がある場合、あなたがそれだけ相手の投稿を気にしてしまっている、ということになります。無意識のうちに嫉妬、反抗心、ライバル心を抱えていることが多いもの。それが相手への執着、SNS自体への執着に繋がっていきます。

ミュートに設定も

そういったマイナス要因を減らすためには、例え気になる相手でもフォローを外しましょう。相手にフォロー外しを知られるとまずい場合は、ミュート(投稿の非表示)に設定にしましょう。最初は SNSをチェックできなくて落ち着かないかもしれませんが、慣れてくるとイライラ、モヤっとする瞬間が減り、徐々に執着心も忘れ去ることができます。「フォローを外したりミュートにするなんて、逆に相手をとても気にしているみたいで嫌だなぁ…」と思われる方もいるかもしれませんが、自分の欠点を認め、さっさとそれを克服してしまう方がよっぽど健康的で建設的。「そんなことぐらいで……」と思わずに、一度お試しください。

ついつい長時間やり過ぎていませんか? SNS 依存症を克服したい人へのアドバイス!

ランガレウェブのサイト制作