わたし流「海外航空券を安く手に入れるコツ」

海外旅行に行きたいけど、お金が掛かるからなかなか行けない…と考えている方は多いようですが、旅費の中でも特に高いのが飛行機代。飛行機代をいかに安く抑えられるかによって、下手をすると5万円近くも旅費に差が出てしまうことも!
筆者は、数年前まで年に5回ぐらい東京とロサンゼルスを往復する生活をしていましたが、お財布に余裕があったわけではないので、飛行機代を削るためあれこれ工夫してました。

安い「日」を、タイミングを逃さずに購入する!

なるべく早めに、いつどこに、何日間ぐらい行くのかを決めましょう。全ての旅程を決める必要はありませんが、とりあえず飛行機に乗る日程の予定だけ先に決めてしまいましょう。
一年のうち、世の中が長期休暇に入る際には、当たり前ですが飛行機代は高騰しますが、実はこの際に、逆に安くなる航空チケットもあります。

連休絡みでもチャンスあり 渡航国の行事もチェック

例えば連休初日には、多くの人が海外へ出発しようとするため飛行機の便数は普段よりも増やされますが、日本から出た飛行機が現地から戻ってくる本数も増えますので、その分帰国便の飛行機代は安くなる可能性が高いです。
また、日本の年間行事だけではなく海外の年間行事も頭に入れて調べると、更に安い航空チケットは見つかりやすいです。狙い目はサンクスギビングやクリスマス休暇、春節など。家族で過ごす行事がある際には、日本からその国へ里帰りするための人が増えて便数も増えるため、逆に日本への飛行機代は安くなる傾向にあります。

3か月前がお得説あり

また、まめに飛行機代をチェックしていると、1ヶ月のうちでもなぜかこの日だけ飛行機代が安い、という日があります。こまめにチェックしていないと気づきにくい場合もあるため、とにかく頻繁にチェックして、買うタイミングを逃さないことが大切。迷っていて数時間後に申し込もうとしたら、もう値段が上がっていた、なんていうこともザラです。
基本的に航空チケットは3ヶ月前が一番安く買える、とも言われていますが、大型連休のチケットはもう少し早めから見張っておいた方が良いでしょう。

アプリの通知機能も便利

いつ飛行機代が最も安くなるのかをチェックしたい場合「Skyscanner」等のアプリを使用するのが便利です。空港名と出発の日、帰国の日を入力しておくと、値段が上下するたびに通知してくれます。
また、日本のアプリではありませんが「Hopper」というアプリは出発地と目的地を入力すると、航空券がいつごろ安くなるのかを教えてくれます。
他にも「Google Flights」というサイトでも簡単に最安値のフライトを探すことができます。

複数情報を継続的にチェック


様々なアプリやサイトを使って最安値チケットを探してきて感じたのは、どのアプリ・サイトが良い、と一つに絞って探すよりも、常にいくつか使用して調べ続けた方が、より安いものが見つかりやすい、ということ。アプリやサイトによって、同じチケットでも値段が変わってくることは多々あります。また、アプリを通すより航空会社のホームページで直接購入した方が更に安い場合もあるので、安いチケットを見つけたら、購入前に一度、自分で航空会社のホームページでの金額を調べてみるのも一つの手です。面倒臭がらずに、ぜひ試してみてくださいね。

ランガレウェブのサイト制作