「Instagramの9投稿で自分を表現」 ZOZOTOWNの斬新な新卒採用課題

ZOZOTOWNといえば日本を代表するインターネットショッピングサイトとして成長を続けていますが、最近は代表の前澤友作氏によるインパクトのある発言や行動が特に注目されています。

123億円でミッシェル・バスキアの絵を落札したり、プロ野球への参入を画策したり、民間宇宙旅行に行くことが決まったりと、さまざまな話題を振りまいてきました。

最近ではお年玉としてTwitterで100人に100万円をプレゼントし、各方面から賛否両論が集まって大変な話題となりましたよね。こちらのツイートは世界新記録となる540万超のリツイートを集めました。

そんな前澤社長が代表を務める「株式会社ZOZOテクノロジーズ」が先日、2020年度の新卒採用・デザイナー募集要項を発表したのですが、その内容がまたしても斬新で注目を集めています。

おもしろいのは応募に必要な書類について。履歴書、志望動機書のほかに課題がひとつ用意されていて、その内容が「Instagramの9投稿で自分を表現してください」というものなのです。

条件を詳しく読むと、以下のような注意事項が記されていました。

・新規アカウントを作成し、公開設定にて投稿をしてください。
・1つの投稿に対して、動画や写真を複数枚投稿することは可能です。
・ハッシュタグ・文字数は自由です。
・9投稿以外の場合、選考対象外とさせていただきます。(例:8投稿・10投稿など)

9投稿というのは、Instagramのプロフィール画面が横に3枚の写真が並ぶレイアウトになっているため、3×3の大きな正方形としても表現できるからでしょう。これなら9枚の写真ではなく、1枚の写真を9分割して大きく載せるという手段も使えます。

※画像は前澤友作社長のInstagram

そして9枚の写真のサムネイルならスマホの1.5画面程度に収まるため、ファーストビューでどんな印象を与えることができるかというのも重要視されているはずです。

実際にInstagramで知らない人のプロフィールを開くとき、9枚くらいサムネイルを見ればその人が「風景が好きそう」「カレーばかり食べてる人」「写真が上手」「イラストを描ける人」などの情報を判断できますし、そこに興味を持ったら詳細を開くという流れになるはずです。

数多くの応募が予想されるZOZOTOWNの新卒採用。ファーストビューでインパクトを与えられないようでは採用に至らないということなのではないでしょうか。

Instagramを使った課題のほかにも「志望動機書」は最大2Mまでのpdf、word、excel、powerpointで提出と書かれているのも印象的。書類ではなくデータで提出しろということなのですね。

昔は履歴書は手書きで丁寧に書かなければならないという風潮がありましたが、こんなところにも時代の流れを感じます。今後はZOZOTOWNに限らず、インターネットやパソコン、SNSを上手に使えることを大前提とした採用試験がどんどん増えていくことになるのではないでしょうか。

ランガレウェブのサイト制作