日常でも便利に使える気象情報アプリをチェックしてみました

ウェザーニューズ社が、箱根駅伝のコース上の気象予測や、気温や風向きなどのリアルタイム情報を出場チームへ提供していたという記事を読みました。
厳しい条件下で行われるレースにおいて、このような情報はレース戦略に大きく貢献したに違いありません。

【箱根駅伝】東海大の初Vを「ウェザーニューズ」気象情報も後押し…両角監督「本当に役に立った」

至れり尽くせりの気象情報アプリ

ところで、みなさんのスマートフォンには気象情報アプリを入れていますか?

たとえば、アップルストアで「天気予報」と検索すれば数多くの関連アプリが存在することがわかります。

大手が運営する総合的な情報提供から、マリンレジャーなど海に関わる人向けに特化したものや、気圧予報に基づいた体調管理のためのものからいろいろです。

雨雲が接近してくるとプッシュ通知が来る機能などは、傘忘れや洗濯物の取り込み忘れがなくなりますし、他にも日常生活が快適になるちょっとしたアドバイスは、どなたにも便利です。
花粉症シーズンには花粉飛散情報、夏には熱中症情報、台風の進路情報、冬のレジャーシーズンには積雪量、ついにはその日に最適な洋服のコーディネートまで、気象に関することなら至れり尽くせり。

おすすめの「鍋もの」まで教えてくれます

日本気象協会が運営する「tenki.jp」の指数情報もユニークです(下記写真)。洗車指数、のど飴指数なども風変りですが、なんと鍋もの指数まで。


宇都宮周辺の方、今週末はあんこう鍋がおすすめだそうですよ。

定番アプリは2つ、これ

今回は気象情報アプリの定番の大手運営による2つをご紹介します。どちらももちろん無料で使えます。

●Yahoo!天気

App Store

Google Play

Yahoo!天気は、私が個人的にも普段から使用しているアプリ。「雨雲レーダー」は地図上で雨の範囲と雨量を知ることができて とても優秀です!小雨なのか、どしゃぶりなのか、すぐ止むのか、視覚的に分かりやすいのもポイント。Yahoo! IDでログインをすると、1時間後までは5分単位で、最長6時間後まで予測します。

●日本気象協会 tenki.jp

App Store

Google Play

日本気象協会が提供するこちらのアプリは、天気図や気象衛星の画像、桜開花情報などとにかく情報量が多いです。生活に役立つ紫外線や洗濯などの定番指数から、洗車や服装、ビール、掛布団など、ちょっと変わった指数まで設定をいろいろ変えて楽しめます。

雨雲レーダーのYAHOO、雑学好きならtenki.jp

比較してみると、外出することが多い人や忙しい人には「Yahoo! 天気」がおすすめ。週間予報よりも、直近の天気情報を知りたい場合にはぜひ雨雲レーダーを使ってみてください。我が家では先日スキーに行った際にも当初の予定だったスキー場が雨予報だったため、急きょ行き先を変更し、見事新雪に当たりました。

先のスケジュールをしっかり立てたい人や、雑学好きな人には、10日間の予報も見られる「tenki.jp」がおすすめ。日直予報士によるポイント解説や、天気に関する雑学などもあるので、読んでいてあきません。星空指数で雲のない日を狙って、お子さんと星空観察もいいですね。


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内


長尺動画制作パッケージのご案内│新浦和映像