ランガレウェブは
サイト名称をwepRESS(ウェプレス)に
リニューアルしました。

AMPとは?│Web用語集

AMP(アンプ)とはAccelerated Mobile Pagesの略で、GoogleとTwitterにより共同開発されているプロジェクトのことです。

簡単にいうとモバイル端末でWebサイトを高速で表示させるための仕組みのことです。

例えば、以下の「スマートフォンからGoogleで検索をしたときの一覧画面」の画像をご覧ください。


一部の検索結果に雷のようなアイコン(赤丸で囲んだ箇所)が表示されていますよね。こちらがAMPで表示することができるページになります。


検索結果からライブドアニュースのリンクをタップしてみると、もちろんライブドアニュースの記事が表示されるのですが、アドレスバーに表示されているURLは google.co.jp になっています。

AMPはWebページのキャッシュを事前にGoogleまたはTwitterが読み込んでおくことで、ページを表示する際の読み込み時間を大幅に削減することができる仕組みです。今回のケースではタップした際にライブドアニュースのページを一から読み込むのではなく、Googleのキャッシュを表示させることでスピーディーに該当記事を読むことができるようになっているのです。

AMPについて詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

目次

他のサイトでの説明
AMPを利用するメリット
復習クイズ

●他のサイトでの説明

AMPとは | SEO用語集:意味/解説/SEO効果など|SEO HACKS
https://www.seohacks.net/basic/terms/amp/
用語の解説が簡潔にまとめられています。

AMPって何?仕組みを知って快適にページを閲覧しよう : ビジネスとIT活用に役立つ情報|株式会社アーティス
https://www.asobou.co.jp/blog/life/amp
画像を多く使ってわかりやすく解説されています。

Accelerated Mobile Pages Project – AMP
https://www.ampproject.org/ja/
AMPプロジェクトの公式ページです。

●AMPを利用するメリット

AMPを導入するためには、AMPの仕様に沿ってモバイルサイトを作る必要があり、すべてのサイトが自動的にAMPとして表示されるわけではありません。

では、AMPを導入するとユーザー側はスピーディーにWebサイトを読み込めるというメリットがありますが、制作側にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

AMPを導入しても現時点では検索順位が爆発的に上がったりするような効果はありません。ただし、サイトの読み込み速度が上がるということで多少はページ閲覧数や直帰率などの数値に影響を及ぼすはずです。ページの読み込みが2秒遅れるだけで直帰率が50%も上がるという調査結果があるように、読み込み速度を上げることでページが表示されるまでにサイトを離脱してしまう人を留めさせることができます。

また、AMPに対応しているページはGoogleの検索結果一覧に画像つきで表示される可能性があります。

こちらに掲載されればサイトへの爆発的な流入が期待できるでしょう。まだAMPに対応しているサイトが少ないからこそ、対応することで恩恵を得られる可能性が高いといえます。

●復習クイズ

説明がわかりづらい、間違っているなど御指摘ありましたらお問い合わせよりご連絡いただけると幸いです。