RSSとは?│Web用語集

RSSとは「Rich Site Summary(リッチ サイト サマリー)」の略で、主にニュースサイトやブログサイトの更新情報を公開するのに使われています。

RSSの情報はフィードリーダー(別名:RSSリーダー)を使って受信することができます。
専用のソフトやアプリを利用するか、フィードリーダー機能付きのブラウザを利用することでRSSを購読することができます。

フィードという用語については以下のリンクをご参照ください。

フィードとは|Web用語集
https://web.landgarage.co.jp/2018/08/16/about-feed/

SNS以外のサイトをひとつひとつ開いて更新されたかどうかを調べるのは大変ですが、RSSを購読すればサイトが更新されたことを知ることができるため、効率よくブログサイトなどを閲覧することができるようになります。

また、ブログを投稿されている方にとっても、RSSを配信していればさまざまな人に更新情報を配信することができます。

RSSについてもっと知りたい方は下記をご覧ください。

目次

他のサイトでの説明
RSSについての解説
復習クイズ

●他のサイトでの説明

しっかり解説されていますが、初心者にはちょっと難しいかもしれません。
https://www.seohacks.net/basic/terms/rich-site-summary/

Wikipediaにも項目がありますが、やはり難しいです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/RSS

効率の良い使い方が紹介されています。こちらを読んだほうがイメージが湧くかもしれません。
http://millkeyweb.com/rss-feedly/

●RSSについての解説

RSSは「XML記述」というマークアップ言語を用いて、情報を配信する技術です。
主に以下のような情報が配信され、多くのニュースサイトやブログサイトがRSSで更新情報を配信しています。

・更新日時
・更新された記事のURL
・更新された記事のタイトル
・更新された記事の要約

このRSSをそのまま開いても、とてもわかりにくい形になっています。
例えばランガレウェブのRSSをそのままブラウザで開くこともできるので、一度下のURLを開いてみてください。

https://web.landgarage.co.jp/feed/

情報がまったく整頓されていないうえに、タグもたくさん入っていてわかりにくいですよね。
フィードリーダーを使うと、こちらを見やすく、わかりやすく形を変えた状態で見ることができるのです。

●復習クイズ

説明がわかりづらい、間違っているなど御指摘ありましたらお問い合わせよりご連絡いただけると幸いです。

ランガレウェブのサイト制作