ドメインが切れたあとに起こり得るトラブル

期間限定で立ち上げたホームページは役目を終えれば削除することが多いですし、企業などのホームページも会社名が変更になればそれまでに使用していたURLは不要になりますよね。

そうするとたいていの場合ドメインを契約解除することになるかと思いますが、場合によってはドメインを手放したことで思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことがあることを知っておいた方がいいでしょう。

例えば、以下のホームページのトップページをご覧ください。

こちらはもともと森喜朗元首相の公式サイトのURLだったのですが、契約更新が行われずにHPが消えてしまい、新しく他の業者がmori-yoshiro.comのドメインを取得してしまったのです。

mori-yoshiro.comというURLは当然これまでいろいろなウェブサイトからリンクされていたため、こちらに新しくホームページを解説すれば被リンク数が非常に多い状態からスタートできるということになります。

今回のケースでは何やら怪しげな旅行会社がドメインを取得したようですが、こちらの業者が詐欺などをする悪質な業者だとすると、森喜朗氏が「どうしてドメインを管理していなかったのか」と非難を受けることもあるかもしれません。

これは著名人のサイトだから起こった問題ではなく、皆さんのサイトでも起こり得る問題です。ドメインを契約し続ければ費用が発生してしまいますが、他の業者が取得してしまい、そのドメインを活用されたらイメージダウンに繋がってしまう可能性がある場合はドメインを所持し続けておいたほうがいいかもしれないですね。


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内


長尺動画制作パッケージのご案内│新浦和映像