テンプレート

WEBサイト制作におけるテンプレートとは、サイト制作で必要となってくる最低限または基本的な機能を搭載したプログラムのことを指します。
デザインの元となるレイアウトや仕組みが最初から備わっているので、掲載したい写真や文章を用意するだけでWEBサイトを作ることができます。
手軽な分、テンプレートには良いイメージも悪いイメージも出来てしまっているようですから、今回は、メリットとデメリットを併せて紹介します。

テンプレートのメリット

多くのテンプレートには、欲しいと思われる機能が備わっていて、流行りのデザインも取り入れています。とくに最近は、高機能なテンプレートが出てきているので、綺麗なサイトを安く作ることができます。
WordPressの場合は、さらに、テーマと呼ばれるテンプレートを選んで見え方を自由に変更することができます。
※注意:WordPressの投稿機能を使用してい部分以外のページは、再度情報を登録し直す必要がある場合もあり。

テンプレートの機能以上のこだわりが無ければ、手間はかかりますが、制作会社に依頼せずWEBサイトを作ることはできます。
もちろん、制作会社で設計して、デザインや仕組みを作るほうが、デザインも仕組みもより良いものに仕上がると思いますし、セキュリティなど専門的な知識が必要になる部分も安心だとは思いますが。

 

テンプレートのデメリット

「テンプレートは悪いものではない」という前提で、いくつかの欠点を挙げます。

まず、現在多くのサイトでテンプレートを使用していますから、閲覧者が「このWEBサイトの形は、どこかで見たことがあるぞ?」と、同じテンプレートを使用しているサイトを以前閲覧して覚えていることがあります。「素敵なデザイン」「読みやすい、情報を探しやすい」の前に、「見たことがあるデザイン」と感じてしまうことがマイナスイメージに繋がる可能性があります。

独自のカスタマイズが難しいことがあります。
「画像の表示する順番を、いつでも自分の好みの順番に変更できるようにしたい」とか「お知らせを複数に種類をわけて表示したい」などのご相談があります。テンプレートにない機能を追加すると想定外の動きや不具合が起きることがあります。デザインが崩れたり表示されなくなるなど、制作会社でないと対応が難しい状態になることがあるのです。

テンプレートは、手順に沿えば簡単に比較的安価にWEBサイトを用意できるのがメリットですが、他のサイトとイメージが被ってしまう可能性や不具合が出たときの対処が難しいのがデメリットでしょう。
費用面などから、制作会社に依頼してオリジナルのWEBサイトを作ることが難しい場合は、まずテンプレートのWEBサイトでスタートして見てはいかがでしょうか。
制作し、しばらく運用した後に、改めて制作会社に仕組みやデザインを相談することも可能です。場合によってはその方が目的と運用の現実に沿った仕組みやデザインに近づくのかもしれません。

ランガレウェブのサイト制作