ファビコン(favicon)とは、Webサイトのアイコンとして使われる画像ファイルのことです。
1980年代に流行ったテレビゲームのことではありません。

例えばYahoo!Japanを開くと、ブラウザのタブに「Y!」のアイコンが表示されると思います。

この「Y!」のマークをファビコンと言います。

また、ファビコンはfavorite icon(フェイバリット・アイコン)の略だと言われています。

ファビコンについてもっと知りたい方は下記をご覧ください。

目次

他のサイトでの説明
Webフォントを使用するメリットとデメリット
復習クイズ

●他のサイトでの説明

設定するメリットや簡単に作れるサイトの紹介です。
https://ferret-plus.com/387

画像を使ってわかりやすく解説されています。
https://wa3.i-3-i.info/word14169.html

Wikipediaにも項目があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/Favicon

さまざまなサイトでのファビコンのデザイン例も紹介されています。
https://www.asobou.co.jp/blog/web/favicon

●ファビコンを設定するメリット

ファビコンは必ず設定しなければいけないものではなく、任意で設定するものになります。
しかし近年はほとんどのWebサイトがファビコンを設定しています。
ファビコンが設定されているとタブをたくさん開いたときに視覚的に確認しやすくなり、設定されていないとユーザーに優しくない印象を抱かれてしまうかもしれません。

上の画像は右から2番目のWebサイトだけファビコンが設定されていないのですが、ファビコンがあるとページ名が表示されていなくても何のサイトのタブなのか視認できますが、一番右は開かないとわからない状態になってしまいますよね。

同様にほとんどのブラウザではブックマークの一覧にもファビコンが表示されます。
もしユーザーのブックマーク一覧があまり整頓されていなかった場合、ファビコンが設定されていればサイトを見つけてもらいやすくなるかもしれません。

●復習クイズ

説明がわかりづらい、間違っているなど御指摘ありましたらお問い合わせよりご連絡いただけると幸いです。