インターネットに繋がる体重計が便利だった

恥ずかしながらここ数年でだいぶ体重が増えてしまっていて、さすがにダイエットを始めることを決意しました。

そこで久しぶりに家にある体重計に乗ってみたら、乾電池の液漏れで故障、仕方がないので体重計を買い換えるところからのスタートとなりました。
買い替えた体重計は「スマート家電」「IoT体重計」と呼ばれるもので、ネットを経由してデータの通信ができるタイプ。正直なところ、何でもかんでもインターネットに繋げればいいというものではないだろ、なんて思っていたのですが、新しい体重計を使ってみてその考えは180度変わりました。これ、ものすごく便利です。

体重計に乗って体重や体脂肪などを測定すると、インターネットを経由してスマートフォンにデータが飛び、アプリでデータが集計されてグラフなどにしてくれるのですが、これがダイエットをする上で非常にモチベーションになるのです。

 

このように何もしないでもどんどんデータが蓄積されていくので、ひと目でダイエットの効果を実感できるようになりますし、食べ過ぎたりして少しリバウンドをしたときもすぐ気がつくので「明日はあまり食べないようにしよう」と食事のコントロールをしやすくなりました。

こちらのアプリは購入した体重計のメーカーのものですが、iPhoneだと「ヘルスケア」アプリとデータが連動されるので、血圧やランニングの距離などをそちらで管理しているという方は一本化もできて便利です。

新しい体重計を購入してだいたい2ヶ月になるのですが、その間で6キロほど落とすことに成功したのは、体重計の効果も大きいんじゃないかと思っています。体重計に限らずさまざまな家電がインターネットに繋がるようになっていますが、きっとどれも実際に使ってみると便利に感じる要素は多いんじゃないかなと感じました。