自社のブログ記事が無断コピーされてた!対処法は?|弁護士に聞くWebのトラブル

Q. 弁護士への質問

自社サイトに掲載しているブログ記事を無断でコピーし、あたかもオリジナルコンテンツのように見せている悪質なサイトを見つけてしまいました。

営業妨害にもなり得るので厳しく対処したいのですが、どのように行動すればいいでしょうか?

今回の質問者
埼玉県・会社役員 40代男性

 

A. 弁護士からの回答

いくつか対処法があります。

・著作権侵害で当該記事の削除を求める
そのサイトの運営者に著作権侵害を指摘し、削除するよう求めましょう。対応がないようであれば、裁判所に訴えることも検討してください。「仮処分」といって、判決が出るまでの仮の手続きとして、取り急ぎ削除等を求める申立てをすることも可能です。

・著作権侵害で損害賠償請求をする
著作権侵害によって生じた損害の賠償請求ができます(民法第709条)。そのサイトの運営者が無断コピーにより利益を受けているときは、その利益の額が損害の額と推定されます(著作権法第114条)。

・刑事告訴
著作権侵害は刑事罰の対象ですので、そのサイトの運営者を著作権侵害で刑事告訴することもできます(著作権法第119条)。

まず第一段階として、そのサイトの運営者と連絡を取り、削除を求めてみましょう。相手と連絡が取れない場合や、連絡する手紙やメールの文面で悩んでしまう場合はご遠慮なくご相談ください。

今回の回答者
おおみや法律事務所
代表弁護士 尾崎 浩平(埼玉弁護士会所属)
=====
おおみや法律事務所では、種々様々な法的問題や紛争に関して、誰もが身近に利用でき、問題解決のお手伝いとなることを目指しております。お困りの際にはどうぞお気軽にお問い合わせください。初回相談費用は無料とさせていただいております。
http://omiya-law.com/

 

弁護士への質問を募集しています

ランガレウェブでは弁護士に聞きたいウェブに関する質問を募集しています。質問をしたい方はお問い合わせフォームを開き、お問い合わせ内容の欄に必ず「弁護士への質問」と記入の上、質問をお送りください。

※ すべての質問に回答できるとは限りません。
※ ウェブに関する質問のみ受付しております。
※ 質問にご回答いただく弁護士は弊社にて選定させていただきます。
※ お寄せいただいた質問の回答を公開した場合も、掲載のご連絡はできかねますのでご了承ください。

 

ランガレウェブのサイト制作