Webサイトにおけるコンセプトメイキング

定義は曖昧ですが、Webサイト制作におけるコンセプトメイキングとは「何を伝えるサイトなのかを示す20字程度の言葉」で、コンセプトワードとも呼ばれます。

なぜ20字程度なのかというと、20字程度の言葉に納まりきらないコンセプトワードは、あれもこれもとなってしまい、訴求したい本当の内容を薄れさせてしまう恐れがあるからです。まずひとつ、ユーザーに伝えたい、ぶれないコンセプトを用意するのが好ましいでしょう。

企画・制作の方向性を示し、事業やサービスの根幹となるコンセプトの決定は容易ではありませんが、それがしっかり決まっていれば、一貫性や訴求力のあるWebサイトを構築することができます。
逆にコンセプトが決まっていない場合、企画やデザインの方向性が定まらなかったり、制作の過程で生じた問題や疑問、矛盾に対して答えを持つことができません。

参考サイト

コンセプト:未来につながる、大切なものを創りつづけたい デンソーブランドサイト :https://brand.denso.com/ja/

 

コンセプト:この一杯、期待以上 MENYA BIBIRI:http://menya-bibiri.net/

 

コンセプト:in various parts 株式会社美山理研工業:http://miyamariken.co.jp/

 

ランガレウェブのサイト制作