撮影した風景写真に人物がたくさん写ってる…そのままネットで使っても大丈夫?|弁護士に聞くWebのトラブル

Q. 弁護士への質問

先日、自分で撮影した風景写真が綺麗に撮れたのですが、無関係の人物もたくさん写り込んでしまいました。

できれば自社のホームページで使ったり、SNSに投稿したいと思っているのですが、雰囲気が変わってしまいそうなのでボカシ処理等はしたくありません。そのまま使っても大丈夫なものなのでしょうか?

今回の質問者
東京都・自営業 30代男性

 

A. 弁護士からの回答

全てボカシ処理をしなければ使えないというわけではありませんが、ホームページ、SNS等不特定多数が閲覧する媒体に公開する場合には、その人物から承諾が得られないのであれば、個人が特定できないような形で掲載した方が無難です。観光地や有名な撮影スポット等、通常不特定多数の人が出入りする場所で、通常の態様で撮影した写真の背景に他人が映り込むこと自体は許容されるものですが、その写真を、ホームページ、SNS等不特定多数が閲覧するとなると、その映り込んだ人は不意に自分の容貌を世間に公開されることになってしまいますので、肖像権侵害となる可能性があります。

今回の回答者
おおみや法律事務所
代表弁護士 尾崎 浩平(埼玉弁護士会所属)
=====
おおみや法律事務所では、種々様々な法的問題や紛争に関して、誰もが身近に利用でき、問題解決のお手伝いとなることを目指しております。お困りの際にはどうぞお気軽にお問い合わせください。初回相談費用は無料とさせていただいております。
http://omiya-law.com/

 

弁護士への質問を募集しています

ランガレウェブでは弁護士に聞きたいウェブに関する質問を募集しています。質問をしたい方はお問い合わせフォームを開き、お問い合わせ内容の欄に必ず「弁護士への質問」と記入の上、質問をお送りください。

※ すべての質問に回答できるとは限りません。
※ ウェブに関する質問のみ受付しております。
※ 質問にご回答いただく弁護士は弊社にて選定させていただきます。
※ お寄せいただいた質問の回答を公開した場合も、掲載のご連絡はできかねますのでご了承ください。