何をする人なの?ウェブ制作業界の職種

私がウェブデザイナーを始めた2000年頃は、ウェブ制作者と言えばデザイナーとhtmlコーダーという2つの職種を指すことが多かった。当時はデザインからコーディングまで一人で制作するということも珍しくなかったのです。
今では、より戦略的なサイト構築、SEO対策、システム構築、運用、スマートフォンへの対応など、制作フローが複雑にもなり、、様々な職種・役割・肩書きがあります。

そんな中、「肩書きを見ても何をする人なのかよくわからない」という声をお客様からいただくことがあります。今回は簡単ではありますが、ウェブ制作に関わる職種をご紹介したいと思います。

ウェブデザイナー

Webサイトをデザインするという認識が一般的だと思いますが、アプリや自社サービスなど、商品やサービス自体を訴求する、より戦略的なデザインを行うUI/UXデザイナー(UI=ユーザーインターフェイス、UX=ユーザーエクスペリエンス)という呼ばれる肩書きも増えています。

フロントエンドエンジニア

html、css、Javascriptなどの言語を用いてウェブデザインをコード化(コーディング)します。最近ではアニメーションの実装も業務の一部になりつつあり、世の中に普及した端末や、これからする普及すると思われる端末に合わせて最適な構築方法を選択します。技術領域の移り変わりが非常に早い職種です。

バックエンドエンジニア

Webサイト内部の処理部分のプログラミングを担当します。C、Perl、PHP、Ruby、JAVAなどのプログラミング言語や各種フレームワークを用い、サーバー周りの構築・管理・運用や、データベースの構築などを行います。より専門性の高いプログラミング知識が必要になります。

ウェブディレクター

ウェブ制作に関わる人材を監督指揮して、顧客対応からプロジェクト全体の進行・品質管理を行います。

さらに、制作規模や案件規模にもより下記のような職種もあります。
・Webサイトの企画立案を行うウェブプランナー
・Webサイトの解析・改善施策を行うウェブアナリスト(マーケッター、コンサルタント)
・コンセプト立案から制作指揮・デザインマネジメントを行うアートディレクター
・予算・工程・チーム編成などすべて管理・把握するウェブプロデューサー

制作会社によっては兼務される職種もありますが、Webサイトは様々な技術領域の人材が関わって制作されています。

ランガレウェブのサイト制作