YouTuberになるのが難しくなった

YouTuberになるのが難しくなった

最近の子供たちに将来なりたい職業を聞くと、上位にYouTuberがランクインしてくるそうです。
テレビに出ているタレントやお笑い芸人よりも身近な存在で、しかもゲームの実況をしたり、おもしろい動画を撮影するのが仕事になると思えば、子供たちが憧れるのも当然でしょう。

しかし、最近YouTubeパートナープログラムが変更され、YouTuberになって収入を得ることが一段と難しくなってしまったのをご存知でしょうか。

これまでは、YouTubeパートナープログラムに申込みをしているユーザーは、動画の再生回数に応じて収益を受け取ることができました。
ところが今年2月20日以降は、YouTubeチャンネルの登録者が1000人に満たない場合と、過去12ヶ月の動画の総再生時間が4000時間を満たない場合は、問答無用でプログラムの対象外となってしまうことが決まったのです。

例えば、ピコ太郎のPPAPのように再生回数1億回を超える大ヒット動画を投稿したとしても、チャンネル登録者が1000人に到達していなければ、1円も広告収入を得られません。
そのため、「YouTuberになろう!」と思って動画の投稿を始めたとしても、チャンネル登録者数と動画総再生時間の条件をクリアするまでは、完全に“タダ働き”となってしまうのです。

チャンネル登録者1000人以上、過去12ヶ月の動画総再生時間4000時間以上という条件はかなりハードなもの。
これからYouTuberになろうと思っている人にとっては、とにかく厳しい条件だと言えるでしょう。

 

ランガレウェブのサイト制作