ランディングページ(LP)とは?│Web用語集

ランディングページ(LP)とは?│Web用語集

ランディングページ(Landing Page)とは検索結果や広告、SNSやリンクなどを経由してユーザーが最初にアクセスするWebページのことです。
ランディングという言葉の通り、飛行機の着地が語源です。

landing

転じて、最初にアクセスするページの意味として使われるようになりました。
ビジネスの場では頭文字だけを用いて「LP(エルピー)」と呼称されることが多いです。

また、LPという名前でこの言葉が使われる時は、
広告をクリックしたときに表示される1ページの縦長ページを示すことが多いです。

ランディングページ集めました。というサイトがありますが、
このサイトでは、広告をクリックしたときに表示されるLPのデザイン集です。

ランディングページという名前自体は、Google Analyticsのメニューにもありますが、
文脈によって内容が変わることがあるので、注意が必要です。

ランディングページについてもっと知りたい方は下記をごらんください。

 

目次

他のサイトでの説明
使い方や場面
復習クイズ

 

●他のサイトでの説明

LISKUL ー そもそもどういうものなのか、という説明から費用感まで説明されています。
https://liskul.com/lp-toha-1530

コトバンク ー ユーザが初めにアクセスするWebページの入り口となるページ。と説明されています。
https://kotobank.jp/word/

UX MILK ー 「商品・サービスの特性」や「目的」に応じて作ることが重要、と説明されています。
http://uxmilk.jp/50243

 

●使い方や場面

ランディングページ(LP)という言葉がよく使われる場面・会話
「ランディングページをA/Bテストしよう」
「リスティング広告の準備は進んでいるけどLPのデザインはどんな状況?」
「御社ではLP制作はいくらでやっているのでしょうか?」
最後の質問は本当によく聞かれます。

 

●復習クイズ

説明がわかりづらい、間違っているなど御指摘ありましたらお問い合わせよりご連絡いただけると幸いです。

 

ランガレウェブのサイト制作