モバイルファーストインデックスの運用開始によって、よりモバイルサイトを充実させていかなければならないと書きました。
モバイルサイトは、パソコンサイトには無い制作上の注意点があります。

縦方向に長過ぎないように

パソコンサイトをモバイルに対応させた場合、ウェブサイト自体がとても縦長になって、
閲覧するのに延々とスクロールしないといけないようになっていませんか?

コンテンツ量が多いと、
見出しから離れて現在地がどこだかわからなくなったり、
長すぎて途中で読むのを止めてしまうなどの危険性があります。

折りたたみ機能をつけたり、ちょうどよい部分でページ遷移させたりするなど、
情報の配置と読ませる為の工夫はパソコンサイト以上に気にする必要があります。

動画やアニメーションに細心の注意を

パソコンサイトのトップページで使用している自動再生型の動画は、
モバイルサイトでは通信環境の制限もあるので、できるだけ控えたほうが良いでしょう。
代替の画像を用意して、パソコンとモバイルの表示を切り替えるのが一般的です。

パソコンサイトでスクロールに応じたアニメーションを使用している場合も、
モバイルサイトではアニメーション処理によって読み込みや処理が遅くなっていないか確認しましょう。

文字サイズは慎重に選ぶべき

文字サイズが大きいから読みやすいわけではありません。
原稿ボリュームが多いモバイルサイトでは、改行が多くて読みづらくならないように小さめの文字サイズを選んだほうが良いでしょう。原稿ボリュームが少ないければ大きめで良いと思います。

指で操作しやすいインターフェイスデザインを忘れずに

モバイルサイトを閲覧する時のユーザーの基本行動は、指一本でメニューアイコンやリンクを触る「タップ」と、指一本で触れたまま上下左右に指を滑らせる「スワイプ」です。
これらの動作がストレスなく行えるボタンやリンクのサイズになっていますか?