スマートフォンには「機内モード」という機能があります。
これはその名の通り、飛行機の中で電波を切らなければいけない時の機能です。
スマートフォンの電源を切らずに電波だけをシャットアウトする、ということは、電話とSMS(ショートメッセージサービス)以外は機能している状態です。
頻繁に飛行機に乗る人には馴染みのある機能かもしれませんが、そうでない人でも、実はいろいろと便利な使い方があります。

まずはスマートフォンのバッテリーの節約。
実はスマートフォンは電波を受信しているだけでもバッテリーを消費してしまいます。
しかも電波が悪い場所では、電波を探すため余計に電バッテリー消費してしまうのです。
もし地下や室内などの電波が悪い場所にいる時、バッテリーを節約したいのであれば思い切って機内モードにすると、バッテリーを節約することができます。
急いで充電したいときにも機内モードは役に立ちます。
バッテリーの消費を抑えることができるため、普段よりもスピーディーに充電ができるのです。

機内モードでもWi-Fiには接続できるわけですから、海外旅行などでWi-Fiしか接続したくない時、ネットで動画を見る時にうっかりWi-Fi以外で接続してしまうのを避けたい時は、機内モードにしてからWi-Fiに繋げば安心です。電話が繋がらなくなってしまいますが。

仕事柄僕は、iPhoneのボイスレコーダー機能や、動画撮影機能をよく使うのですが、このときも機内モードにしています。
途中で電話がかかってくるとせっかく録音、撮影していたデータが台無しになってしまいますが、それを未然に防ぐことができるのです。
もし機会があればぜひ試してみてください。

ただし、機内モードを使ったあとは元に戻すのを忘れずに。
僕の友人の話ですが、一人暮らしの母親が急に音信不通になって心配して見に行ったら、スマートフォンが機内モードになっていた、なんていうこともありましたから。