最近、Webサイトのリニューアルの目的が「採用」という企業様が以前より増えています。
サイト制作の現場で私も、本当に売り手市場なんだなと実感しています。

古いWebサイトのままだと求人への応募数自体も伸びず、競合に人材を取られてしまうという危機感を持っておられる状況が多いようです。

さて、採用サイトといえば大手企業が採用に特化したWebサイトを別ドメインで運用することが多く、規模も品質もコーポレートサイトに引けをとらないボリュームがあります。

東京消防庁 消防官募集サイト

住信SBIネット銀行新卒採用サイト

Honda新卒採用サイト

一度の求人で多くの人材を確保する必要がある大手企業は、このような採用に特化したWebサイトを作成するのは当たり前ですが、少ない応募の中からよりよい人材を確保しなければならない中小企業こそ、実は採用サイトが必要だと思います。

サイト規模や開発コストは、それぞれの会社に合わせれば良いですし、採用サイトとして独立したWebサイトを作成しなくても、現状のWebサイトに採用コンテンツを追加しても良いでしょう。
新卒向け採用サイトであれば、パソコン版サイトは用意せずスマートフォンサイトのみ制作することで、コストを抑えつつ効果を測定することも可能です。