先日の記事で触れたUI/UXデザイナーという職種について。
「より戦略的なデザインをするUI/UXデザイナー」では意味がわからない、というご指摘を受けましたので、改めて説明したいと思います。

まずはUIとUXについて。

UI(ユーザーインターフェイス)とは

インターフェイスは「接点」という意味です。パソコンやスマートフォンのwebサイトのデザインは、ユーザーと視覚・触覚・聴覚で接するものなので、すべてUI。また、ボタンやパーツの挙動、アニメーションもUIです。
画面デザインだけではなく、製品そのものにも当てはまります。スマートフォンのボタンやタッチパネルも製品とユーザーの接点となるので、こちらもUIと言います。

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは

エクスペリエンスは「体験」という意味で、商品やサービスの利用する過程でユーザーが感じるすべてのことをUXと呼び、webはUXの一部でしかありません。
しかし、webサイトやアプリの利用場面に限って言えば、機器に表示された画面の閲覧や操作(=UI)がUXに直結するため、UXを向上させる手段のひとつがUIの改善ということでもあります。
ユーザーにどの場面で何をどう提供してユーザーに良い体験をしてもらうか、というマーケティング的な観点の考え方です。

なんとなくわかっていただけましたでしょうか?

webデザイナーの一部がUI/UXデザイナーと言われるようになったのは最近のことですが、UIとUXを併記することに対して、階層の違う2つの概念を並べるのは変だと思ったこともありました。

しかし今は、この階層の違いをひとつに繋ぎ、「UX向上のためにユーザーのためのUIをデザインをすること」がUI/UXデザイナーの役割なのだと私は考えています。