昨今ではさまざまな企業がFacebookやTwitterなど、公式のSNSアカウントを開設しています。SNSの更新を担当することになった人は、企業アカウントのIDとパスワードでログインして、いろいろな投稿を行うことになります。

ところがたまに発生して話題となるのが“誤爆”のニュース。誤爆とは、個人のアカウントでログインしていると勘違いしてプライベートな投稿をしたら、実は企業のアカウントでログインしている状態になっていて、プライベートな投稿が企業のSNSに掲載されてしまうことを言います。

最近ではミスタードーナツの公式Twitterで誤爆が発生し、話題となりました。

ミスタードーナツのTwitterアカウントは32歳独身の女性広報が投稿を行っていると言う設定になっていたのですが、ある日突然競馬に関する投稿が行われ、アカウントが乗っ取られたのではないかと心配の声が多数寄せられたのです。

すると数時間後にその投稿は削除され、「投稿を委託していた業者のミスによる不適切な投稿だった」と発表されたのですが、これによって女性広報が投稿をしているという設定がウソだったと言うことも明らかに。ショックを受けたフォロワーがフォローを解除するような事態に発展してしまいました。

プライベートと間違えて公式アカウントに投稿することも、業務委託していることが明らかになってしまうことも、どちらもちょっとした気の緩みで明らかになってしまうトラブルです。SNSの公式アカウントの運用を担当している方は、常に細心の注意を払いながら投稿しないといけません。

実は、ランガレウェブも先日からTwitterアカウントの運用を開始し始めまして、現在は僕が投稿を担当しています。(ぜひフォローをお願いします)

実際にやってみると、積極的に公式アカウントへの投稿をしようと意識するほど、やらかしそうなミスだなと感じます。
本当に明日は我が身ですので、誤爆には気をつけながら、なるべくたくさん投稿していきたいと思います。