印刷物やウェブの校正などのやりとりって、慣れない方には面倒ですよね。

たとえば
・PDFにコメントを書いたり
・パワーポイントのデータをやりとりしたり
・FAXのやり取りをしたり
とそれぞれ手間がかかります。

ファイルのやり取りをすると、何が最終データか、何が対応済みかなどがわからなくなってきてしまいます。

そこでで、便利なサービスが「AUN」というツール

公式サイトでは
「ふせん紙の感覚で、サイトや画像にメモを貼って、共有できるツールです」とかいてありますが、大げさじゃありません。

個人的に一番のポイントだと思ったのは、登録なしでURLを入力するだけで画面共有ができるところ。

これは、一度体験してみると驚きの簡単さです。

百聞は一件にしかず。ということで流れを見て見ましょう。

1.URLを入力
画像参照「ビジュアルコミュニケーションツール – AUN Webサイト」

2.範囲を指定して、書き込み


参照「ビジュアルコミュニケーションツール – AUN」Webサイト

3.保存してURLを取得して、連絡

画像参照「ビジュアルコミュニケーションツール – AUN Webサイト」

パスワードを設定できるのも嬉しいところですね。

4.見る


画像参照「ビジュアルコミュニケーションツール – AUN Webサイト」

以上。公式サイトの説明GIFがわかりやすかったので使用させていただきました。

●残念なところ
無料だから仕方がないのですが、保存期間が30日。というのは少し不安な期間設定だと思います。
ただし、画像としてエクスポートすることもできるので、消える前にバックアップを取っておくが可能です。

●こうなるともっと使いやすい
・複数ファイルを一括でアップロード
・一度書いたコメントの削除または非表示などができるといいなというのがユーザーとしての感想です。

新田新田