インターネットをしていると急に動きが重くなったり、ページが全然開かなくなってしまったりすることってありますよね。これはインターネットの速度が遅くなってしまうと起こる現象なのですが、一時的に遅くなるのならまだしも、慢性的に速度が落ちてしまうようだと困ってしまいます。こんな時には「インターネット速度テスト」をしてみてはいかがでしょうか。実はこのインターネット速度テストはGoogleを使って簡単に試すことができます。

Googleの検索窓に「インターネット速度テスト」と入力して検索をすると、Google公式のインターネット速度テストの画面が表示されます。

あとは速度テストを実行ボタンを押すだけ。PCからでもスマホからでもできます。皆さんも是非、今いる環境で試してみてください。


まるで血圧測定のような感覚でメーターが動き、30秒ほどで結果がわかります。


結果が表示されました。現在いる場所ではかなり安定して速度が出ているようです。ちなみに「Mbps」は1秒間に通信可能なデータ量が何メガビットかを表す単位。1秒間に93.6メガビット(11.7メガバイト)ほどダウンロードができているようです。
※メガバイトとメガビットは似ていますが、違う数値になるので注意。ファイルのサイズなどで使う単位が「バイト」で、1メガバイト=8メガビットとなります。

インターネットの速度は感覚的に速い遅いと判断しがちですが、数値で確認することで客観的に速度を判断できるのはとても大切なこと。普段から気にせずネットをしていたけど、調べてみたら速度が全然出ていないことがわかったという人もいると思います。

実はGoogleには検索以外にもこのような機能がいくつか用意されているのです。機会があれば他にも紹介していきたいと思います。

野島野島