最近、割と耳にするようになったクラウドファンディングってご存知ですか?

クラウドファンディングを検索してみると、「不特定多数の人がインターネット経由で、他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語」と出てきます。つまり、インターネットを通じて資金調達を呼びかける方法ということです。

今までは、斬新なアイデアやプロジェクトがあるのに資金が足りない時は、お金を借りるというのが一般的な資金調達の方法でした。しかし、専用のサイトを通じてインターネットで広く資金提供を呼びかけることができるようになったことで、優れた企画を持っていれば誰でもプロジェクトを実現させやすくなったのです。

資金を提供したプロジェクトが目標金額に到達するかどうかを見届けるのはゲーム性があって面白いとも言いますし、資金提供者には金額に応じたリターン(特典)が用意されている場合も多く、買い物感覚で気軽に資金を提供できることも多いようです。

僕自身はまだクラウドファンディングを利用したことはないのですが、SNSで繋がっている人がプロジェクトを立ち上げたり、資金提供をしたりしている様子を確認することは以前よりも格段に増えています。
日本でもますますクラウドファンディングを利用しやすい環境になるんだろうなあと感じています。

海外ではポテトサラダを作るだけのプロジェクトが5万5千ドルを集めたり、穴を掘るだけのプロジェクトが1000万円を集めたりと、意味不明なプロジェクトも注目を集めています。

ポテトサラダを作るだけのプロジェクトに5万5千ドル
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1408/04/news070.html

穴を掘るだけのプロジェクトが資金を1000万円以上集める
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/29/news108.html

角田角田