仕事終わりの居酒屋で、とりあえずの生ビールを頼みました。
運ばれてきたジョッキの下にQRコードが記載されたシートが置いてありました。
「注文はQRコードを読み込んで頂き、ご自身のスマホから注文してください」と店員さん。
一緒に飲んでいた全員が言われた通りにQRコードを読み込んで、専用アプリをダウンロードしました。
アプリを開くとメニュー画面が表示されて、刺身をタップすると詳しい画像や産地まで書かれていました。

なるほどなるほど。

スマホなら各自で画面を見られるから、タッチパネル式の注文端末のように仲間内で回す必要がない。
会計時の割り勘計算も常時確認できます。
支払いが終えると、次回来店割引のクーポンが表示されました。何と効率的な仕組みなんでしょう。

店側のメリットは、専用端末の初期投資は不要だしホールスタッフのオペレーションも軽減されること。
さらに、ひとりひとりの注文データの蓄積から得られる情報が、メニュー開発やキャンペーンなどに役立てることができるようです。

このシステムに味気なさを感じてしまったことも書いておきます。

鈴木鈴木