90年代、インターネットで調べごとをする時は検索エンジン選びから始まっていた気がします。「Yahoo!」「goo」「infoseek」「フレッシュアイ」など。
私は、「こういう情報はこの検索エンジンが強い」みたいな感覚を持っていました。複数の検索エンジンの特徴を把握した上で調べるのが検索のコツだったのですが、今はGoogle一強です。いつの間にか現れて、いつの間にかシェアを独占してしまいましたね。確かに、出てきたときには便利だと思った記憶はありますが、ここまで独占状態になると少しだけ恐怖もあります。ちなみに2017年の日本における検索エンジンのシェアはGoogleが62.5%でYahoo!が26.6%という数字が出ています。

http://gs.statcounter.com/search-engine-host-market-share/all/japan
(StatCounterより。2017年4月のデータ)
3位はBing-4.7%。4位はGoogle.com-1.7%と続きます。Yahoo!は2010年の12月からGoogleの検索エンジンを使用しているため、実際のGoogleの検索シェアは90%を超えていることになります。

先日、韓国に行ったのですが、韓国でのグーグルマップで検索結果が少ないなと思って地元の人に聞いたところ、Naverを使う人が多いみたいです。
調べてみると、シェアはGoogleと半々とのこと。ちなみにNaverはLINE株式会社の親会社です。

新田新田