WEBサイトの制作やリニューアルを考え始めると、どんな内容やデザインにしたら良いか、どのように伝えたらよいか、まずは何をすべきか、悩ましいですよね。
ひとつのアドバイスとしては、サイト訪問者に伝えたいことの優先順位を整理して、サイトで達成したいことを決めておくことです。そうすれば、制作会社に発注する場合も打ち合わせがスムーズになります。

達成したいこと、と言われてもわかりづらいかもしれません。
そんなときに試してほしいのが「WEBサイトの擬人化」。サイトを人だと想像すると、目的や達成したいことが明確になることがあります。

擬人化したサイトの目的は、「人との出会い(サイトへのアクセス)」そのものなのか、「デート(お問い合わせ)」までなのか、「結婚(発注)」なのかをまず整理しましょう。

合コンの席で「結婚しましょう」というのは変な言動に思われますが、ウェブサイトではそのような不自然な対応を無意識にしてしまうことがあります。

また、サイトのデザインをファッションと考えます。自分の好みと、相手の求めるであろうスタイルに大幅なズレはないかなどを整理します。

真面目かつ堅実さを求める相手とのデートで、全身一流ブランドでは印象が悪いかもしれません。
サイト制作の打ち合わせの現場では、ついついデザインの話に偏ってしまうことはあります。
服装、ファッションだと考えておけば、その重要性も把握できます。清潔感はあるか。初対面の印象はどうするか、相手が知りたい情報は何か、どこまで伝えるか。
サイトを擬人化してみると、どうすべきか見えてくることがあります。

新田新田