先日、損保ジャパンが新サービスとして「ネット炎上対応費用保険」という商品を企業向けに販売開始しました。ネット炎上に関する保険が販売されるのは国内初とのことで、すでにかなりの話題となっているようです。

日本でのネット炎上の件数は、この5年間でどうやら10倍にも増加したとのこと。確かにネット炎上をきっかけに、企業や政治家などが激しいバッシングを浴びるニュースを見る機会が増えた気もしますよね。

こちらの保険では、お詫び広告や謝罪会見の費用、炎上に対応するために発生した人件費やコンサル費用などにも補償が適用されるそうで、保険料は年間で50~100万円程度、補償総額は1千万円まで。これが本当にお得なのかどうかはわかりませんが、販売開始と同時に数十社からの問い合わせがあったそうで、企業側の心理をうまく突いた斬新な商品であると言えそうです。

ウェブを使った広報活動に力を入れていくのなら、今やFacebookやTwitterなどのSNSは欠かせません。とはいえ、SNSを利用している限りはどうしてもネット炎上のリスクがついて回ります。SNSを活用したいけどネット炎上が怖いという企業様は、ネット炎上保険の加入を検討してみてもいいのではないでしょうか。

野島野島